最新のお知らせ(講演会・行事)

  • NEDO水素・燃料電池成果報告会2024のご案内
    岡部理事からの情報です。 水素と燃料電池に関する最新の情報を聞けるイベントをご案内します。 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が進めているプロジェクトの成果を報告会です。 名称: NEDO水素・燃料電池成果報告会2024 日時: 2024年7月18日(木)~19日(金) 会場: パシフィコ横浜/オンライン 主催: 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 参加費: 無料 申込窓口サイト https://hydrogen2024.nedo.go.jp/   主な内容:HPより抜粋 【7月18日(木)会場A】 挨拶:NEDO、経済産業省 口頭発表:「燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業」 【7月18日(木)会場B】 挨拶:NEDO、経済産業省 口頭発表:「競争的な水素サプライチェーン構築に向けた技術開発事業」 「グリーンイノベーション基金事業/大規模水素サプライチェーンの構築」 「脱炭素化・エネルギー転換に資する我が国技術の国際実証事業」 【7月19日(金)会場A】 挨拶:NEDO、経済産業省 口頭発表:「燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業」 「競争的な水素サプライチェーン構築に向けた技術開発事業」 【7月19日(金)会場B】 挨拶:NEDO、経済産業省 口頭発表:「水素社会構築技術開発事業」 「グリーンイノベーション基金事業/再エネ等由来の電力を活用した水電解による水素製造」 「競争的な水素サプライチェーン構築に向けた技術開発事業」
  • 「カーボンニュートラルに向けた金融の役割」

    岡部理事よりセミナーのお知らせです。

    【開催趣旨】
    近年、気候変動の流れを止めるための金融機関の役割がますます大きくなっていま
    す。金融分野は、ポジティブな社会的ティッピングエレメントの一つであることが指摘
    されています。
    本セミナーでは、気候変動の流れを止めるためのサステナブル・ファイナンス、ICMA
    やCOPなどの国際動向、そして日本国内における取り組みの現状と課題について、
    金融分野のリーダーを講師としてお招きし、分かりやすくご説明いただきます。

    また、討論を通じて、金融分野のポジティブな転換点について課題を見出し、解決へのヒン
    トを得ることを目的とします。

    東大名誉教授の山本良一先生も登壇されます。(山本エコプロダクツ研究所代表)

    日 時: 2024年4月25日(木)9:30-11:05 ※最大11:30まで延長可能
    会 場: オンライン 
         ※リモートでのご参加となります。会場での聴講はできませんので、ご了承く
    ださい。
    参加料: 無料
    参加申込: 以下URLからアクセスください。

    https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_X4jGmnp5RIKIljm_E9BOmg

    ※お名前、メールアドレス、ご所属をご登録ください。
    参加申込締め切り: 2024年4月24日(水)18:00まで

    タイトル:「カーボンニュートラルに向けた金融の役割」

    ・気候変動と金融機関の動き(30分)
       講師: 吉高 まり 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 フェロー(サステナビリティ)
     ・債券投資の観点から世界の投資家の動向(30分)
       講師: 林 礼子  BofA証券株式会社 取締役副社長 
     ・質疑応答/ディスカッション(30分)
       モデレーター: 河口 眞理子  立教大学特任教授、不二製油グループ本社ESGアドバイザー

    主催: 気候非常事態ネットワーク(CEN)/NPO法人ゼリジャパン、
        株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
    後援: Future Earth、グリーン購入ネットワーク(GPN)

  • 環境省による食と環境の未来について語るシンポジウムが開催のご案内

    岡部理事からの情報です。

    表題の通り、シンポジウムが開催されますのでお知らせいたします。

    名称: シンポジウム「気候変動×生物多様性による豊かな地域づくり
        ~食と環境の未来を中心に~」の開催について

    日時: 2024年2月29日(木)14:00~17:00 
    会場: オンライン 
    主催: 環境省
    参加費: 無料 
    ○主催者・共催者挨拶
    ○講演「世界と日本における持続可能な食と環境の最新動向」
     ・内田東吾氏(一般社団法人イクレイ日本 事務局長)
     ・竹本明生氏(国連大学サステナビリティ高等研究所 プログラム・ヘッド)
     ・農林水産省及び環境省から国内動向事例を紹介
    ○事例紹介 「わが国における食と環境の未来を考える」
     事例紹介1 株式会社脱炭素化支援機構
           株式会社坂ノ途中
     事例紹介2 コープデリ生活協同組合連合会
     事例紹介3 公益財団法人八木町農業公社

    ○パネルディスカッション「食と環境の課題解決を通して実現する豊かな地域とは」
     モデレーター 藤田香氏(東北大学グリーン未来創造機構/大学院生命科学研究科教授兼、日経ESGシニアエディター)

    パネリスト 事例紹介登壇者


    ○総括
     武内和彦氏(公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES) 理事長、
     東京大学未来ビジョン研究センター 特任教授、国連大学サステイナビリティ高等研究所 客員教授)

    シンポジウムの申し込みは、環境省の情報サイトよりお願いします。

    https://www.env.go.jp/press/press_02698.html

過去のお知らせ(講演会・行事)はこちら

お知らせ(講演会・行事)一覧