NIMS mini Workshop
" Nature Inspired Materials "

エコマテリアル・フォーラムの後援行事です。皆様のご参加をおまちしております。


 生体からヒントを得た技術開発の歴史は古い。しかし、商業的な成功例はこれまでわずかなものであった。 近年、ナノ・バイオテクノロジーの発展によりこれまで知られていなかった自然の驚異的なしくみが明らかになり、生体模倣技術がまた脚光を浴びつつある。 本ワークショップは進化が磨き上げたハイテクノロジーをナノテクノロジーに取り入れる研究の交流の場として開催されるものである。


<開催概要>
主   催: (独)物質・材料研究機構
後   援: エコマテリアル・フォーラム/ Nature Inspired Materials ワーキンググループ
開催日時: 2005年10月4日(火)  13時30分〜17時30分
開催場所: (独)物質・材料研究機構 並木地区 共同研究棟4階大会議室
(茨城県つくば市並木1-1) <会場地図はこちらをご覧ください>
参 加 費: 無 料  (懇親会参加希望者は参加費3000円程度を予定)
参加定員: 100名
申込方法:  参加ご希望の方は、氏名、勤務先(住所/Tel/Fax/E-mail)、懇親会参加の有無を明記の上、下記の問い合わせ先まで 電子メールにてご登録ください.
※参加申込の際に頂きました氏名,ご所属,連絡先等の個人情報につきましては,本ワークショップへの参加登録, 当日の受付その他ワークショップに関する事務手続き以外への用途には利用いたしません.
申込・問合せ先 (独)物質・材料研究機構 エコマテリアル研究センター
Tel : 029-860-4529、Fax:029-860-4669 担当:細田奈麻絵
E-mail : nature.inspired.materials@nims.go.jp
HP: http://www.nims.go.jp/emc/top.html




<講演プログラム> ※発表はすべて英語です。通訳はありません。
13:30 Opening
13:40〜 Dr. Stanislav Gorb (Max-Planck Institute for Metal Research)
Biological Attachment Systems as a Possible Source for Biomimetics: What Can We Learn from Evolution ?
(生体模倣に可能な情報源としての生体アタッチメントシステム?我々は進化から何を学ぶ事ができるのか?)
14:20〜 Dr. Naoe Hosoda (National Institute for Materials Science)
Challenge to a biomimetic joining technology
(バイオミメティク接合技術への挑戦 −生体アタッチメントに見られる可逆的接合を目指して−)
14:40〜 Dagmar Voigt (Max-Planck Institute for Metal Research)
Plant surfaces as a terrain for the insect locomotion
(昆虫が歩行する環境として見る植物表面)
15:00〜 Dr. Pablo Perez-Goodwyn (University of Kyoto)
Friction- and wear-reducing micromechanical devices in cricket
(摩擦と摩耗を減少させるコオロギの微小な機械的仕掛け)
15:20〜15:40 Break
15:40〜 Dr. Hajime Haneda (National Institute for Materials Science)
" Perspective of Nature mimic processing for ceramics "
(自然をお手本としたセラミックスプロセスの展望)
15:55〜 Dr. Kakizawa (National Institute for Materials Science)
Fabrication of nano-laminar ceramic composite like nacre
(真珠層に類似したナノ積層セラミックス複合材料の創製)
16:15〜 Dr. Yuji Miyahara and Dr. Toshiya Sakata (National Institute for Materials Science)
Biosenshing devices using nano- micro- fabrication technology
(ナノ・マイクロ加工技術を用いたバイオセンシングデバイス)
16:35〜 Dr. Yamamoto (National Institute for Materials Science)
Observation of cell-material interface at cell detachment
細胞の剥離における細胞?材料間接着界面の観察
16:55〜 Prof. Shigeo Asai (University of Nagoya)
Education and Research in the COE on Nature-Guided Materials Processing COE
(自然に学ぶ材料プロセシングの創成」に於ける教育と研究)
17:25 Closing (17:30-19:30 懇親会)