最新の関連行事

  • 国立研究開発法人 科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター(LCS)が主催 する無料ウェビナーの「2050年、ゼロエミッションの社会像~シナリオとプラン~」

    岡部理事よりの情報です。表題のイベントが開催されます。

    イベント概要
     低炭素社会戦略センター(LCS)は、「明るく豊かなゼロエミッショ
    ン社会の構築」に向けて、脱炭素技術の技術的・コスト的展望に関する
    定量的な解析、社会への導入のシナリオの検討とともに、ゼロエミッシ
    ョン社会の実現を加速する新技術創出に資する研究開発から、成果の普
    及、社会への実装までを見据えた戦略や社会システム設計のための取組
    を行っています。本ウェビナーでは、2050年のゼロエミッションの社会
    像や、社会シナリオを提案すべく、最新のLCSの活動を紹介します。
    【日時】
    2022年6月24日(金) 13:30~15:10
    【配信形式】
    Zoomウェビナー
    【定員】
    500名(事前登録制、無料)
    【主催】
    国立研究開発法人科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター


    プログラム
    13:30~13:35
    主催者挨拶 谷口 昇(LCS副センター長)
    13:35~13:50
    講演 「2050 ZC社会に向けたエネルギー供給体制とGDPの量的変化」 
    山田 興一(LCS研究顧問)
    13:50~15:10
    講演 2050年へ向けたキーポイント:「『シナリオ』と『プラン』」
    水素還元製鉄法の評価と課題 岩崎 博(LCS特任研究員)
    DAC(Direct Air Capture)の方法とコスト 越 光男(LCS特任研究員)

    水深4000m以深の海底下地層での液体二酸化炭素の貯蔵コスト 
    大隅 多加志(LCS特任研究員)
    情報化社会の進展がエネルギー消費に与える影響(データセンターにつ
    いて) 三枝 邦夫(LCS上席研究員)
    地域人口と世帯変化、および住宅選択を考慮した将来の地域エネルギー
    需要と建材需要の変化 -環境省家庭部門CO2排出実態調査の分析- 
    森 俊介(LCS研究統括)
    新揚水発電の提案(日本における電力貯蔵システムとして) 
    浅田 龍造(LCS主任研究員)
    事前参加登録

    https://www.jst.go.jp/lcs/relations/events/webinar20220624.html

    (問い合わせ先)
    国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)
    低炭素社会戦略センター (LCS)
    〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ8階
    電話 : 03-6272-9270 FAX : 03-6272-9273
    URL : https://www.jst.go.jp/lcs/

  • 「日本サステナブル・コットン・イニチアチブ・ローンチイベント」のお知らせ

    岡部理事からの情報です。

    直前のお知らせとなりますが、今週27日にオンラインにて(ZOOM使用)「日本サステナブル・コットン・イニチアチブ・ローンチイベント」が開催されます。

    気候変動や水リスクなどのグローバルリスクに対応する観点から、国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献、また企業のサステナビリティの取り組みの重要性が高まってきております。その中では綿花の生産や、綿製品の製造に関わる部分において、環境・社会に関する問題が発生しており企業の対応が求められています。そのような中、世界的にサステナブル・コットンと呼ばれる持続可能に配慮して生産された綿花を活用する動きが世界的に発生してきており、日本においても推進することが求められています。

    日時:2021年5月27日(木)14:30~16:30

    場所:オンライン(ZOOM)

    参加料:無料

    お申込み:以下の Peatix のサイトからお願いいたします。        https://peatix.com/event/1899490/view

    対象企業・組織

    (1) コットンを使用して販売をしているブランド企業、小売企業

    (2) コットンを取り扱っている商社

    (3) コットン製品を製造している企業(紡績工場、織物工場、縫製工場他)

    (4) コットンに関係する関連組織・団体

    (5) コットンのサプライチェーン上の環境・社会課題に関心のある NGO/NPO

    (6) その他関心のある企業・組織・個人

  • スマート農業に関するご講演のご案内(10月26日(火)18:30~,zoom無料)

    岡部理事からの情報です。

    スマート農業の講演(zoom、無料)が来週10月26日に開催されます。

    【ポイント】
    ・供用が始まり、農水省PJに参加中の、農業生産管理ソフトの実用化事例。
    ・利用先は、ベビーリーフ(葉物野蚕)でシェア1位の農業法人ほかです。
    ・生産者と参入をめざす製造業で「コンシューマーアグリ研究会」を運営しています。
    ・「農業Week」(幕張、先週13日)会場で行った講演のエッセンスをお話しします。

    【詳細】
    詳しくは次のとおりです。

    https://www.pmaj.or.jp/p2m/seminar/p2mclub/202125.html

    日時:  2021年10月26日(火) 18:30~21:00
    参加費:無料(参加申し込みが必要です)
    ZOOMを介して、リモートでの参加となります。

    テーマ :
    「データ農業による新事業創出」 ~PM視点でのスマート農業を事例として~」
    後藤芳一 ((一財)機械振興協会 副会長 技術研究所長)

    概要:
    (スケジュール)
    ①オープニング&接続確認等:   (18:30~18:40)
    ②話題提供:           (18:40~19:40)
    ? ブレイク
    ③ディスカッション(参加者交流):(19:45~20:45)
    ④コメント:           (20:45~21:00)
    ⑤閉会:             (~21:00)
    :議論が出なくなった時点で終了します

    話題提供の概要 :
    農業のスマート化が進み、製造業から参入のご相談も増えています。
    実際に、大きい機会があると思います。
    一方、設備投資に採算が合わない例(植物工場等)も多く、ここでも事業を見すえた技術の活用が求められます。
    「DXでXを欠く」問題に通じます。
    演者が勤める研究所は、農業者と製造業から成る
    「コンシューマーアグリ研究会」を主宰し、「豊菜プランナー(葉物野菜生産管理システム)」(施設園芸・葉物野菜の生育ソフト)を実用化しました。

    http://www.jspmi.or.jp/tri/consumer_agri/pdf/detail.pdf

    ベビーリーフの国内シェア1位の農業法人ほかで稼働中で、農林水産省の実証プロジェクトに参加しています。
    同法人は800余棟のハウスで年14回の生産を実現しています。

    需要側(例:大手チェーン)の発注は2日前で短納期なため、見込生産と大きいデータ処理を要します。
    開発したソフトは、ロボット技術で開発したミドルウェアを活用したものです。
    成功事例をもとにご紹介します。
    ご参加(上記サイトで登録)をお待ちしております。

過去の関連行事はこちら

関連行事一覧