りんごジュース搾り粕が、バイオプラスチックの原料に活用

岡部理事からの情報です。

 

産業廃棄物として、処理されていたりんごジュース搾り粕を活用する事業が、動き始めました。

ポイントは、プラズマで、殺菌して、低温乾燥して、りんごジュース搾り粕を乾燥して活用します。

バイオプラスチックの原料を作る会社が、弘前市のJAアオレンジュース工場内に立ち上がりました。今までは、りんごジュース搾り粕は、産業廃棄物として、有料で、処理されていました。

りんごジュース搾り粕が、資源として、活用されています。

 

JAアオレンのバイオプラスチック原料の製造の取り組み

http://www.aoren.or.jp/approach/bio-plastic.html

 

 

«    »