トピックス

最近のトピックス

「東大と超越化研、高い耐水性と適度な強度を紙に付与するコーティング技術を開発」

日本経済新聞プレスリリースよりお知らせいたします。

(2020年12月18日発表)

「超越コーティング – 紙をプラスチックの代わりに使う」

発表者は、以下3名

岩宮 陽子(株式会社超越化研 代表取締役)

柴山 充弘(東京大学 名誉教授)

廣井 善二(東京大学物性研究所 教授)

 

発表のポイントは

●高い耐水性と適度な強度を紙に付与する新規なコーティング技術を開発した。

●従来のゾルゲル法では困難であった紙素材へのシリカコーティングを安価で簡便な方法により実現した。

●この超越コーティングを施した紙はプラスチックのように使え、廃棄後に環境負荷を与えないため、海洋汚染などのプラスチックゴミ問題解決に寄与することが期待される。

 

発表概要

株式会社超越化研代表取締役の岩宮陽子、高エネルギー加速器研究機構名誉教授の川合將義、東京大学名誉教授の柴山充弘、東京大学物性研究所技術専門職員の浜根大輔、同教授の廣井善二は、高い耐水性と適度な強度を付与する、安価で簡便なシリカコーティング「超越コーティング」技術の開発に成功した。本コーティングを施した紙素材や紙製品は、多くの用途に利用されているプラスチック容器のように使用することが可能となる。

海洋汚染などを引き起こす多量のプラスチックゴミの削減は、持続可能な社会を実現する上で大きな課題となっている。プラスチックの使用を抑制するための材料開発が望まれているが、プラスチックの優れた材料特性と化石燃料を原料とする安価さから、これを置き換えることは容易ではない。

超越コーティング材料は、ヒトを含む生体に有害な物質を含まず、廃棄後も環境中で自然に分解するため環境に負荷を与えない。本コーティング技術によりプラスチック容器を紙容器に置き換えることが可能となり、プラスチックゴミ問題の解決に寄与することが期待される。

超越コーティング紙は生活素材から工業用途、焼却可能なマルチシートなどの農業分野、廃棄可能なシャーレなどの医療分野を含むさまざまな分野に有用である。また、本コーティング技術は紙だけでなく、繊維や木材などのさまざまな基材にも適用可能であるため、極めて広い応用範囲が期待される。さらに、本コーティング層には多くのナノ空隙が含まれるため、そこに触媒や化学物質を添加することができ、基材の特性を損なわずに用途に応じてさまざまな機能性を付加することも可能である。

本成果は、米国化学会のIndustrial & Engineering Chemistry Research誌の12月21日オンライン版に掲載される。

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/602080/01_202012181435.pdf

科学技術振興機構JSTからのお知らせ(エコプロオンライン出展)

岡部理事からの情報です。

11月25日(水)~28日(土)まで、今年はオンライン開催となったエコプロ、「エコプロOnline2020」が開催されます。
JSTでは昨年同様、「今こそ考えよう、みんなが生きたい未来をつくるサイエンス」をテーマに、SDGsをテーマにしたブース出展をいたします。

 

分科会からも、京都市、京都大学、高知大学、アイ-コンポロジー、MCプランニング、昆虫食のentomoの皆さまが取組紹介セミナーを開催。
その他、STI for SDGsアワードの受賞者セミナーや、日本科学未来館から新型コロナウィルスのワクチンについての最新情報など、盛りだくさんの内容です。ぜひご覧ください。

<視聴方法>
◆開催日時:11月25日(水)~28日(土) ※12月25日までアーカイブ公開

◆URL:エコプロOnline2020 https://eco-pro.com/2020/

◆視聴方法:参加事前登録ページより、https://sdgs.nikkeineon.jp/registration 参加登録の後、エコプロOnline2020トップページより 「科学技術振興機構(JST)」 ブースを検索し、 ご視聴ください。

◆JSTブースのプログラム内容:https://www.jst.go.jp/sdgs/events/20201125-28.html

◆リーフレット:https://www.jst.go.jp/sdgs/pdf/20201125-28_jst_flyer.pdf

◆その他:参加無料

気候非常事態ネットワーク CEN設立についてのお知らせ

 

岡部理事からの情報です。

環境新聞に気候非常事態ネットワーク設立が、紹介されたとのことです。

 
      また、日経新聞のSDGsフェス
   「日本橋気候非常事態ネットワーク設立記念シンポジウム」が開催されます。
 

     日経SDGsフェス日本橋気候非常事態ネットワーク設立記念シンポジウム
「気候非常事態宣言とカーボンニュートラル・アクション・プラン」

日経SDGsフェス日本橋 11/25(水)「気候非常事態宣言とカーボンニュートラル・アクション・プラン」<日経SDGsフェス日本橋>

      気候非常事態ネットワーク CEN設立メッセージ by 山本良一東京大学名誉教授
      http://www.forever-green.jp/works_b/cen-message_by_yamamoto/
   
      環境新聞 【特集企画】 令和 2 年(2020 年)10 月 28 日(水曜日)
      (対談「気候非常事態ネットワーク設立に向けて」)
   http://www.kankyo-news.co.jp/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=57&NCODE=796

・・・アニメでわかるSDGsの説明・・・

岡部理事からの情報です。

アニメでわかるSDGsの説明です。

ぜひ一度ご覧ください。

 

第30回日本MRS年次大会の申し込みの延長について

岡部理事からの情報です。

 

第30回日本MRS年次大会の申し込みが9月11日(金)までに延長になりました。

各省庁の連携で、国の革新的環境イノベーション戦略が、今年閣議決定されました。

エコものづくりが大事な課題になっています。

 

革新的環境イノベーション戦略

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tougou-innovation/pdf/kankyousenryaku2020.pdf

 

世界の気候非常事態宣言の動向について

岡部理事からの情報です。

世界の気候非常事態宣言などで、世界的にも気候変動対策が、進んでいます。

各省庁の連携で、国の革新的環境イノベーション戦略が、今年確定され推薦されます。

総合窓口は 経済産業省産業技術環境局エネルギー・環境イノベーション戦略室です。

令和2年度予算「戦略的基盤技術高度化支援事業」のお知らせ

岡部理事からの情報です。

令和2年度予算「戦略的基盤技術高度化支援事業」は、中小企業・小規模事業者による情報処理、精密加工等のものづくり基盤技術

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/shishin.html

の向上を図ることを目的として、中小企業・小規模事業者が大学・公設試等と連携して行う、研究開発や試作品開発、その成果の販路開拓に係る取組等を一貫して支援する事業です。

窓口は、各地方にある経済産業局・地域経済部産業技術課です。窓口にご相談ください。

令和2年度予算「戦略的基盤技術高度化支援事業」
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2020/200131mono.html

超党派の議員連盟で「気候非常事態宣言」へ

フォーラム名誉会長の山本良一先生からの情報です。

「超党派気候非常事態宣言決議実現をめざす会」設立総会のご案内

近年、 地球温暖化が原因と思われる異常気象による自然災省が、 アマゾンやオーストラリアの森林火災、 中東ドバイでの豪雨と洪水、 ヨーロッパ全体を襲う熱波と猛暑、 年々巨大化する北米のハリケーン等、 世界各地で多発しています。 我が国においても、 咋年の台風19号などがもたらした深刻な風害や洪水は、記憶に新しいところです。

こうした事実は、 地球温暖化問題がもはや気候変動 (Climate Change) のレベルを超えて、 気候危機(Climate Crisis) といわざるを得ない状況にまで深刻化していることを示しています。  こうした危機感から世界で「気象非常事態」を宣言する流れが始まっています。

我が国においても、   温暖化問題に国をあげてこれまで以上に取り組むことが必要です。    そこでまずは全国民の代表からなる国の最高機関である国会の総意として「気候非常事態直言」決説を実現することで示そうではありませんか。

この国会決議を実現することにより、人類の活動に起因する気候変動によって、地球環境の持続可能性が根本的に問われるような文明的な危機状況にあるとの認識を、 まずは国会全体で共有し、 その上で危機克服のために必要な、 具体的アクションプランの策定と実施という次なるステップに進んでいくという国会の強い意志を決議という形で表明しようではありませんか。

議員各位のご賛同を心よりお願い申し上げます。

日     時     令和2年2月20日(木)11:10より

場    所    参議院会館 地下lF    B107会議室

 

世話人

(衆)泉健太 井上信治 江田康幸 遠藤敬 逢坂誠二 小渕優子  鴨下一郎

木原誠二 近籐昭一 斉藤鉄夫  田村貴昭  辻元清美  とかしきなおみ

馬場伸幸  古川元久 古川禎久 古屋範子  平野博文  吉川元  鰐淵洋子

 

(参) 浅田均 東徹 石井準一 市田忠義 井上一徳 大塚耕平 木村英子     小池晃

榛葉賀津也  竹谷とし子 中川雅治 長浜博行 福島みずほ 福山哲郎

舟山康江 丸川珠代 宮沢由佳 宮沢洋一 山下芳生 若松謙維  渡辺喜美

(50音順)

 

問い合わせ先

自由民主党 古川禎久事務所 衆・内線70612  公明党   斉藤鉄夫事務所 衆・内線50412

立憲民主党 福山哲郎事務所 参・内線50808  国民民主党 古川元久事務所 衆・内線71006

共産党   小池晃事務所  参・内線51208  日本維新の会 馬場伸幸事務所  衆・内線50511

社会民主党 吉川元気事務所 衆・内線70505

ムーンショット型研究開発制度についてのお知らせ

会員の皆様には興味深い内容ではないかと存じますのでお知らせいたします。

内閣府でムーンショット制度の計画が進んでいます。

https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/index.html

その中のテーマの一つに、
「完全資源・物質循環による地球環境再生計画」
というのがあります。

https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/bunkakai.pdf

また、このことに関するシンポジウムが12/17-18にあります。

https://www.jst.go.jp/moonshot/sympo/sympo2019/index.html

 

第7回ものづくり日本大賞(東北経済産業局受賞者:トヨタカローラ八戸)広報記事

*** 岡部理事よりの情報です ***

 

第7回ものづくり日本大賞の東北経済産業局長を受賞した、トヨタカローラ八戸の広報記事をご紹介いたします。
ものづくり日本大賞トヨタカローラ八戸.pdf

 

【ものづくり日本大賞とは】
内閣総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」は、 日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や、伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる方々を顕彰する制度です。

1 2 >