お知らせ(案内)

最近のお知らせ(案内)

超党派の議員連盟で「気候非常事態宣言」へ

フォーラム名誉会長の山本良一先生からの情報です。

「超党派気候非常事態宣言決議実現をめざす会」設立総会のご案内

近年、 地球温暖化が原因と思われる異常気象による自然災省が、 アマゾンやオーストラリアの森林火災、 中東ドバイでの豪雨と洪水、 ヨーロッパ全体を襲う熱波と猛暑、 年々巨大化する北米のハリケーン等、 世界各地で多発しています。 我が国においても、 咋年の台風19号などがもたらした深刻な風害や洪水は、記憶に新しいところです。

こうした事実は、 地球温暖化問題がもはや気候変動 (Climate Change) のレベルを超えて、 気候危機(Climate Crisis) といわざるを得ない状況にまで深刻化していることを示しています。  こうした危機感から世界で「気象非常事態」を宣言する流れが始まっています。

我が国においても、   温暖化問題に国をあげてこれまで以上に取り組むことが必要です。    そこでまずは全国民の代表からなる国の最高機関である国会の総意として「気候非常事態直言」決説を実現することで示そうではありませんか。

この国会決議を実現することにより、人類の活動に起因する気候変動によって、地球環境の持続可能性が根本的に問われるような文明的な危機状況にあるとの認識を、 まずは国会全体で共有し、 その上で危機克服のために必要な、 具体的アクションプランの策定と実施という次なるステップに進んでいくという国会の強い意志を決議という形で表明しようではありませんか。

議員各位のご賛同を心よりお願い申し上げます。

日     時     令和2年2月20日(木)11:10より

場    所    参議院会館 地下lF    B107会議室

 

世話人

(衆)泉健太 井上信治 江田康幸 遠藤敬 逢坂誠二 小渕優子  鴨下一郎

木原誠二 近籐昭一 斉藤鉄夫  田村貴昭  辻元清美  とかしきなおみ

馬場伸幸  古川元久 古川禎久 古屋範子  平野博文  吉川元  鰐淵洋子

 

(参) 浅田均 東徹 石井準一 市田忠義 井上一徳 大塚耕平 木村英子     小池晃

榛葉賀津也  竹谷とし子 中川雅治 長浜博行 福島みずほ 福山哲郎

舟山康江 丸川珠代 宮沢由佳 宮沢洋一 山下芳生 若松謙維  渡辺喜美

(50音順)

 

問い合わせ先

自由民主党 古川禎久事務所 衆・内線70612  公明党   斉藤鉄夫事務所 衆・内線50412

立憲民主党 福山哲郎事務所 参・内線50808  国民民主党 古川元久事務所 衆・内線71006

共産党   小池晃事務所  参・内線51208  日本維新の会 馬場伸幸事務所  衆・内線50511

社会民主党 吉川元気事務所 衆・内線70505

第 1 9 回レアメタル資源再生技術研究会 開催のお知らせ

篠原幹事長よりのお知らせです。

2020年2月25日(火)に「第 1 9 回レアメ タル資源再生技術研究会」が開催されます。

時:令和 2 年 2 月 25 日( 火 13 00 ~(受付開始 12 30)

場所:名古屋市工業研究所(名古屋市熱田区六番 3 丁目 4 41
(研究会会場:管理棟4 階第 2 会議室、交流会:管理棟 2 階交流フロ ア)

〒456 0058
名古屋市熱田区六番三丁目4 番 41 号
TEL 052 661 3161 (代表)
FAX 052 654 6788
駐車場:約100 台あり

 

申し込み

http://www.raremetal-forum.jp/schedule.htm

の申込フォームからお申込みいただけます。(詳細情報もここから)

 

 

「エコものづくりセクション」シンポジウムのお知らせ

岡部理事よりのお知らせです。

日本MRS主催の「エコものづくりセクション」がいよいよ開催されます。
エコものづくりセクションの口頭発表

1日目(27日)10:00 – 19:00

2日目(28日)午後13:00 – 18:00

会場

1日目 横浜市開港記念会館 6号室

2日目 横浜市開港記念会館 9号室(初日と2日目は異なります。)

 

エコものづくりセクションのポスター発表

2日目(28日)9:30 – 12:00

会場

横浜情報文化センター

 

会場・受付等・プログラム等をHPで確認をお願いいたします。

会場案内

https://www.mrs-j.org/meeting2019/jp/about/access.php

プログラム

https://www.mrs-j.org/meeting2019/jp/prg/

第29回日本MRS年次大会案内のサムネイル 日本MRSSymposium H_プログラムのサムネイル

 

ムーンショット型研究開発制度についてのお知らせ

会員の皆様には興味深い内容ではないかと存じますのでお知らせいたします。

内閣府でムーンショット制度の計画が進んでいます。

https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/index.html

その中のテーマの一つに、
「完全資源・物質循環による地球環境再生計画」
というのがあります。

https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/bunkakai.pdf

また、このことに関するシンポジウムが12/17-18にあります。

https://www.jst.go.jp/moonshot/sympo/sympo2019/index.html

 

第2回Susdi技術交流会のご案内

「第2回Susdi技術交流会」のご案内です。

以下の日程にて開催されます。

 

日時 2019年 11月 8日(金)17:30ー19:30

場所 学士会館 301号室

会場へのアクセスは以下をご参照ください。

https://www.gakushikaikan.co.jp/access/

参加費 一般 2000円

(メーリングリスト登録をしていただくと1000円になり、SusDIから案内やご照会のメールが送られます。)

 

当日は簡単な飲み物を飲みながら、現物などを前にした気楽な意見交換にしたいと

思っております。

皆様のご参加をお待ちしています。

お申し込みは、下記にてお願い致します。

https://191108susdi.peatix.com

 

 

2019日本MRSエコモノづくりセクションの発表リスト

日本MRSのエコモノづくりセクションについてお知らせいたします。

 

日程 11月27日、28日

会場

口頭会場は、横浜市開港記念会館

(11月27日は、6号室, 10月28日は、9号室です。)

http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/

 

ポスター発表

日程 11月28日

時間 10時半~12時

会場 横浜情報文化センター6階

※参加申し込みは、WEBからお願いします。

(格安の早期参加登録受付は9月30日までです。)

2019日本MRSエコモノづくりオーラル発表プログラムのサムネイル2019日本MRSエコモノづくりセクションポスター発表一覧のサムネイル 第29回日本MRS年次大会案内のサムネイル 日本MRSエコものづくりセクション案内_嶽本版-minのサムネイル

 

第14回エコマテリアル国際会議(ICEM14)へのお申し込みについて

 

第14回エコマテリアル国際会議(ICEM14)の開催案内

緊急 日程がインド側の事情で来年一月に変更されます。
決まり次第、案内します。

日時:2019年11月20-22日 (変更)

場所:CSIR-NIIST、Thiruvananthapuram, INDIA

主催:CSIR-NIIST

共催:エコマテリアルフォーラム

Chair:Dr. A. Ajayaghosh(CSIR-NIIST、Inddia)

Co-Chair:Dr.Y. Shinohara(NIMS、Japan)

Web:http://www.icem14.org/

 

( 重要 )

本国際会議参加にはビジネスビザが必要です。

観光ビザでは会議施設に入場できません。

 

インドのICEM14事務局から、ICEM14参加のための招待状の送付用データ用紙が届きましたので、 ご参加される方は添付のデータシートに記載し、NIMSの篠原までお送り下さい。ICEM14事務局より招待状を郵送するよう手配します。

 

★提出先: NIMSの篠原<SHINOHARA.Yoshikazu@nims.go.jp>

★提出〆切り: 2019年8月30日(金)

 

第14回エコマテリアル国際会議(ICEM-14)開催案内のサムネイル

気候非常事態宣言の最近動向について

先日(2019年7月15日付)、東京大学名誉教授山本良一先生からの気候非常事態宣言(Climate Emergency Declaration = CED)の記事を、本ウェブサイトへ掲載致しましたが、

「世界では気候非常事態宣言をする自治体、国家が続出しています。」ということから、

さらにこれをより詳しくした論説を山本良一先生から頂きましたので、ご紹介致します。

急速に拡大する世界の気候非常事態宣言についての考察のサムネイル

気候非常事態宣言(Climate Emergency Declaration = CED)について

気候非常事態宣言(Climate Emergency Declaration = CED)について

環境省の政策評価委員会(7月19日)に向けて、2019年7月4日に、山本良一東京大学名誉教授からの、「気候非常事態宣言はなぜ急速に世界に拡がったのか」というコメントをご紹介します。
また、参考のため、気候非常事態宣言運動の経緯を整理した、CED の世界の現状もご参照下さい。

「気候非常事態宣言はなぜ急速に世界に拡がったのか」

CED の世界の現状

 

第18回レアメタル資源再生技術研究会

テーマ:
「中国を含めた世界の資源リサイクル~中国の廃棄物輸入規制により世界の資源リサイクルはどうなるか~」

日時:2019年7月29日(月)
場所:名古屋市工業研究所
〒456 0058名古屋市熱田区六番三丁目4 番 41 号

皆様方におかれましてはご多用中とは存じますが、添付の概要、プログラム、申込書、アクセスをご一覧いただき、万障お繰り合わせの上、是非ともご参加いただけますようお願い申し上げます。

また、レアメタルのリサイクル等にご関心のあるご関係の方々にも研究会への参加をお誘いいただければ幸いです。
未入会の方は、是非ともこの機会に本研究会へのご入会をご検討ください。

http://www.raremetal-forum.jp/schedule.htm

入会申込書http://www.raremetal-forum.jp/join.htm

第18回研究会レアメタル資源再生技術研究会

プログラム申込書

アクセス

 

 

 

< 2 3 4 5 6 7 8 >