お知らせ(案内)

最近のお知らせ(案内)

日本学術会議主催学術フォーラム開催のお知らせ

岡部理事からの情報です。

日本学術会議主催学術フォーラム「気候変動等による地球環境の緊急事態に社会とどう立ち向かうか-環境学の新展開-」が開催されます。

 

参加費無料の日本学術会議主催学術フォーラム

「気候変動等による地球環境の緊急事態に社会とどう立ち向かうか-環境学の新展開-」が

7月3日(土)13:00~17:50にオンライン配信で開かれます。

環境学委員会と環境科学会が共催、環境工学連合小委員会の協力です。詳細は以下のURLをご覧ください。

 

http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/308-s-0703.html

 

問い合わせ先:

日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当 電話:03-3403-6295

または、

浅見 真理(第三部会員)

E-mail:envforum*niph.go.jp (*を@に変更ください)

アジア生産性機構60周年記念カンファレンスのご案内

岡部理事からの情報です。

アジア生産性機構(Asian Productivity Organization: APO)は、日本を含むアジア8カ国が提唱し 1961年に設立された国際機関です。現在はアジア太平洋地域の21ヶ国・地域が加盟しており、 各国・地域に設置されている生産性機関の一つとして日本生産性本部もAPOの諸活動に参画しています。

本年APO設立60周年を迎えるにあたり、記念カンファレンスを開催する運びとなりました。

(オンライン開催)

ポストコロナを見据えた社会・経済の変化やデジタル技術の飛躍的な進展など、生産性向上に向けた 主要議題をAPO加盟国と共に考える機会となりますよう、ご案内申し上げます。

 

APOは、2021年6月10日(木)に日本生産性本部と共催して60周年記念カンファレンスを行うそうです。

時間は14:00~17:30 の予定です。

経済学者のポール・クルーグマン氏、IGPI会長冨山和彦氏、人口知能および深層学習研究の東京大学教授松尾豊氏、台湾IT大臣のオードリー・タン氏ら多彩な方々が登壇し、公正分配や人的資源投資、イノベーション等につき議論が展開される予定です。
(一部の海外からのゲストはビデオ出演予定)。

 

下記のURLからお申し込みいただき、ご視聴ください。

〇 お申込みURL

https://zoom.us/webinar/register/WN_E-x_v4crSaux2jvseR-qhw

 

〇アジア生産性機構60周年記念カンファレンス ご案内パンフレット(PDF)

https://www.jpc-net.jp/movement/committee/assets/pdf/APOConference0525_online.pdf

 

よろしくお願いいたします。

 

「日本サステナブル・コットン・イニチアチブ・ローンチイベント」のお知らせ

岡部理事からの情報です。

 

直前のお知らせとなりますが、今週27日にオンラインにて(ZOOM使用)「日本サステナブル・コットン・イニチアチブ・ローンチイベント」が開催されます。

 

気候変動や水リスクなどのグローバルリスクに対応する観点から、国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献、また企業のサステナビリティの取り組みの重要性が高まってきております。その中では綿花の生産や、綿製品の製造に関わる部分において、環境・社会に関する問題が発生しており企業の対応が求められています。そのような中、世界的にサステナブル・コットンと呼ばれる持続可能に配慮して生産された綿花を活用する動きが世界的に発生してきており、日本においても推進することが求められています。

   日時: 2021 年 5 月 27 日(木)14:30~16:30

場所:オンライン(ZOOM)

参加料:無料

お申込み:以下の Peatix のサイトからお願いいたします。

        https://peatix.com/event/1899490/view

   対象企業・組織

(1) コットンを使用して販売をしているブランド企業、小売企業

(2) コットンを取り扱っている商社

(3) コットン製品を製造している企業(紡績工場、織物工場、縫製工場他)

(4) コットンに関係する関連組織・団体

(5) コットンのサプライチェーン上の環境・社会課題に関心のある NGO/NPO

(6) その他関心のある企業・組織・個人

「気候非常事態とカーボンニュートラル」サミットのお知らせ

岡部理事からの情報です。

「気候非常事態とカーボンニュートラル」サミット(オンライン開催)のお知らせ です。

 

東京都公立大学法人山本良一理事長が、中心になった「気候非常事態とカーボンニュートラル」サミットです。オンライン開催です。是非、ご参加ください。

 

 

   「気候非常事態とカーボンニュートラル」サミット」
    日時: 2021年6月4日(金) 10:00~17:00
    場所: 東京商工会議所
    渋沢ホール今回のイベントにつきましては、
    東京都の緊急事態宣言の5月31日までの延長、および今後の
    感染拡大状況予測を鑑み、運営関係者以外の方の
    ご来場はお断りしております。渋沢ホールでの聴講はできません。
    リモートのみでのご参加となりますので、ご了承ください。
    プログラムについては添付をご参照ください。
    なお、プログラム・登壇者等は変更になる場合がございます。
    ご参加のお申し込みは、以下のページのフォームにご入力の上、
    送信する」ボタンを押してください。
    申し込みフォーム
    https://www.zeri.jp/cen/news/2021/05/12/1047/

 

2020年度(令和2年)第3次補正予算、2021年度(令和3年)通常予算「省エネ・省CO2補助金一覧」等について

岡部理事からの情報です。

2020年度(令和2年)第3次補正予算、2021年度(令和3年)通常予算「省エネ・省CO2補助金一覧表」についてお知らせいたします。

 

<経産省>

2021年 (令和3年)

先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金

2021年2月17日追記)
◯昨年までの「省エネ補助金」(エネ合)の後継補助金。

 

2021年 (令和3年)

住宅・建築物需給一体型等省エネルギー投資促進事業

◯ZEH、ZEB、次世代省エネ建材の補助金。

 

2020年 (令和2年第3次補正予算)

2021年 (令和3年)

災害時の強靭性向上に資する天然ガス利用設備導入支援事業費補助金(新規)

◯天然ガス利用設備(コジェネ、ヒートポンプ、燃料電池等を補助。

 

 

2020年 (令和2年第3次補正予算)

2021年 (令和3年)

災害時に備えた社会的重要インフラへの自衛的な燃料備蓄の推進事業費補助金

◯LPガス災害バルク導入補助金
◯災害時に備えた石油製品タンク等の導入補助金

 

2021年 (令和3年)

中小企業等に対するエネルギー利用最適化推進事業(新規)

省エネルギー診断からエネルギー利用最適化診断にリニューアル。

 

2021年 (令和3年)生産設備におけるエネルギー使用合理化等事業者支援事業費補助金

https://sii.or.jp/seisan01r/

◯先進的省エネルギー投資促進支援事業に組入れ

 

<環境省>

2021年 (令和3年)

工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業

◯CO2ポテンシャル診断・低炭素機器導入事業の後継補助金

 

2021年 (令和3年)

建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業

1)レジデンス強化型ZEB実証事業
(2)ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業
(3)既存建築物における省CO2改修支援事
①民間建築物における省CO2改修支援事業
②テナントビルの省CO2改修支援事業
③空き家等における省CO2改修支援事業

 

2020年 (令和2年第3次補正予算)

大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業

 

2021年 (令和3年)

脱フロン・低炭素社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事

◯省エネ型自然冷媒機器の補助金

 

2021年 (令和3年)

廃熱・未利用熱・営農地等の効率的活用による脱炭素化推進事業

◯廃熱、未利用熱、地中熱、営農型再生エネの補助金

 

<国交省>

2021年 (令和3年)

環境・ストック活用推進事業(既存建築物省エネ化推進事業他)

 

<東京都>

2021年 (令和3年)

LED照明等節電促進補助金

(4月公募予定)

製造業限定、関東及び山梨県に工場がある中小企業が対象。

 

<埼玉県>

2021年 (令和3年)

埼玉県民間事業者CO2排出削減設備導入補助金

(4月公募予定)

◯LED照明、ボイラー、ヒートポンプ、太陽光発電

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東経連主催「ポストコロナ時代の東北の産学官金の連携を考えるシンポジウム」開催について

   岡部理事からの情報です。
   東経連主催(東北大学共催)により3/30に「ポストコロナ時代の東北の産学官金の連携を
   考えるシンポジウム」がオンラインで開催されます。

東北の産学官金のキーパーソンによるパネルディスカッションも予定されており、ポストコロナ時代の産学官金連携の在り方を議論します。

 直前のご案内となり恐縮ですが、3/29(月)までお申込みを受け付けて
 おりますので、ご興味のある方は、お申込みくださいますようお願いいたします。

  詳細はこちら → https://www.niche.tohoku.ac.jp/?p=6285
  ※東北経済連合会主催 「ポストコロナ時代の東北の産学官金の連携を考えるシンポジウム」の開催について
  コロナウイルス感染拡大の影響で先行き不透明感が広がる中、東北の産業競争力を強化するには、
  産学官金の総合力を発揮することが重要です。
  本シンポジウムでは、これまでの東北の産学官金の取り組みを振り返りながら、今後の東北の産学官金の
  共創のあり方について議論を深めます。
  基調講演では、これまでの東北の産学官金の共創を産学官連携ラウンドテーブ
  (メンバー/東北大学総長、宮城県 知事、仙台市長、東経連会長)を軸に振り返り、これを受けて、
  産学官金のキーパーソンによる、パネルディスカッションをポストコロナ時代を見据えて議論します。
  本シンポジウムを通じて、今後の東北の産学官金の共創の指針を考えて参ります。
  皆様のご参加をお待ちしております。
   【日  時】 令和3年3月30日(火) 13:00~14:45 (オンライン配信)
  ◆主催 一般社団法人 東北経済連合会
  ◆共催 東北大学 未来科学技術共同研究センター
  ◆プログラム
  12:50 配信開始 (プレトーク)
  13:00 開会の挨拶 
     一般社団法人 東北経済連合会 副会長 阿部 聡 氏
  13:05 基調講演  
    東北大学未来科学技術共同研究センター長 長谷川 史彦 氏
  13:35 パネルディスカッション
     (モデレーター)
      一般社団法人 東北経済連合会 理事         西山 英作 氏
     (パネリスト)
      国立研究開発法人 産業総合技術研究所 最高顧問  中鉢 良治 氏
      国立研究開発法人 理化学研究所 理事       原山 優子 氏
      前ギリシャ駐箚特命全権大使、 元東北経済産業局総務企画部長 清水 康弘 氏
     宮城県信用保証協会会長、元宮城県経済商工観光部長 吉田 祐幸 氏
     ほくとう総研理事長、元仙台市副市長        伊藤 敬幹 氏
     株式会社東北電子工業 相談役、株式会社IDF 社長  佐藤 幸太郎 氏
     東北大学未来科学技術共同研究センター センター長 長谷川 史彦 氏
 14:45 閉会
◆お申込方法     以下のURLにある「参加申し込みはこちらから」からお申し込みください。(締切:3/29(月))
◆お問合せ (メール)
symposium-20210330@niche.tohoku.ac.jp
 (東北大学 未来科学技術共同研究センター)

北日本SDGs スマートアグリ推進フォーラムの第1回キックオフシンポジウム開催のお知らせ

岡部理事からの情報です。

北日本SDGs スマートアグリ推進フォーラムの第1回キックオフシンポジウム開催のご案内をお知らせいたします。

webより無料で参加出来ます。是非、ご参加ください。理事兼幹事は岡部敏弘先生です。

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北日本SDGs スマートアグリ推進フォーラム

第1回キックオフシンポジウム開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

このたびこの突然のコロナ禍にあたり、経済的困難や生命危機に対して、
いかに実践的な総合力(問題分析・近未来設計と先手必勝の研究開発、事業化への時間軸と

行動力)が試されております。

その解決策模索への一助と致したく、北日本SDGsスマートアグリ推進フォーラムを立ち上げ、下記の日程で実施することになりました。
本シンポジウムの趣旨をご理解いただき、ご参加くださいますようお願い申し上 げます。

 

■日 時:令和3年2月24日(金)13時~16時

■場 所:岩手大学 コラボMIU,およびWEB会議併用

エコマテリアルフォーラム

 http://www.ecomaterial.org/

▼シンポジウムホームページはこちら▼
http://smart-agri.itaka.jp/smartagri/

▼フォーラムおよびシンポジウム参加登録はこちら▼
https://forms.gle/iGqB4ZKypH5RDySx9

▼告知ポスターはこちら▼
http://smart-agri.itaka.jp/smartagri/smartagri-symposium01-poster.pdf

 

 

◎主な講演プログラム
━━━━━━━━━━◆◇◆◇◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━
地域創生とSDGsへの取組み
余剰電力GEMCOS-IoT双方向制御ネットワークによる人工養殖
北日本グリーンエナジー資源活用のSDGsビジネス展開 —

省エネ・美味しい・安全安心を届けるスマートコンテナ流通技術革
2021産学プロジェクト支援策
相互討論・パネル討論
※当日時変更になる場合はご了承下さい
━━━━━━━━━━◆◇◆◇◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━◆◇◆◇◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━

 

=====================================
お問い合わせは
北日本SDGsスマートアグリ推進フォーラム事務局
担当・金澤
MAIL kanazawa@aura-ge.jp
=====================================

 

 

 

バイオプラスチックに係る現状について

岡部理事より、バイオマスプラスチックスの情報です。

バイオプラスチックに係る現状

http://www.env.go.jp/recycle/mat052214.pdf

 

日本バイオプラスチック協会

http://www.env.go.jp/council/03recycle/y0312-02/y031202-5r.pdf

 

バイオストロー

http://www.nipponstraw.com/top/pdf/biostraw.pdf

 

バイオプロピレン生産を目指したプロパノール発酵技術の開発

https://shingi.jst.go.jp/past_abst/abst/p/14/1478/alca-1_07.pdf

 

伊藤忠商事、環境配慮樹脂40万トン体制、100%再生可能原料、マスバランスで担保

     https://www.chemicaldaily.co.jp/

 

沖縄 県産パイナップルの葉 繊維化プロジェクト

岡部理事からの情報です。

(同志社大学工学部名誉教授藤井透先生よりご連絡をいただいたとのことです。)

沖縄の会社で、パインの葉から、繊維を作って、商品化をしている情報をお知らせします。

    県産パイナップルの葉 繊維化プロジェクト 

県産パイナップルの葉 繊維化プロジェクト

 

   沖縄の企業 捨てていたパイナップルの葉で服を製造 SDGs

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.okinawatimes.co.jp/articles/amp/

598626%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAdav06HVhcr7L7ABIA%253D%253D

 

第13回川崎国際環境技術展のお知らせ

岡部理事からの情報です。岡部理事もご参加なさったとのことです。

 第13回川崎国際環境技術展が、オンラインで、1月21日から、25日まで、開催されます。 是非、ご参加ください。
第13回川崎国際環境技術展の案内
   第13回川崎国際環境技術展のビデオ紹介
   https://youtu.be/zRmGk_YaVhE

< 1 2 3 4 5 6 7 >