「ベッセマー+200の鉄と社会」
シンポジウム 6


主催 エコマテリアル・フォーラム  共催 物質・材料研究機構




 1856年、H. Bessemerは、当時のパドル法に代わる空気底吹き法による鋼の製造方法を確立しました。以来、鋼の大量生産が可能になり、現在では年間10数億トンもの鉄鋼材を生産するに至っています。一方、このベッセマーの大発明から約200年後の 2050年に向けて、生産量は著しく増加し、高品位な原料の調達が困難になることも考えられます。また、世界的に大幅なCO2排出削減による制約も考えられます。このような将来社会において、ベッセマーの発明以来続いてきた高炉-転炉法による生産は、今後どのように変化するのでしょうか。
 2010年に発足した「ベッセマー+200の鉄と社会」WGでは、2050年の社会において必要とされる素材(鉄鋼)の使われ方や求められる製鉄・製鋼法などについて自由な議論を行い、今後の材料科学の開発課題に関する有用な示唆を抽出したいと考えています。
 第6回となる本シンポジウムでは、いくつかの特殊な環境で使用される素材(鉄鋼材)にテーマを絞って議論いたします。さまざまな立場の方々のご参加とご意見を期待しております。


日 時2012年10月12日(金) 13:30-17:00
場 所ハロー貸会議室 蒲田 5階
東京都大田区西蒲田8-4-12 ユザワヤ蒲田11号館 5F

交通:JR蒲田駅南口徒歩3分/ 東急多摩川線 蒲田駅 南口 徒歩3分/
    京急蒲田西口 徒歩約10分
TEL :03-5577-9234
地図: http://www.hello-mr.net/ota-city/kamata01/



<< 内 容 >>

13:30-13:45
「ベッセマー+200の鉄と社会」WGの紹介 東京大学(WG主査)    醍醐市朗

13:45-14:35
バイオマス/廃棄物発電ボイラ用材料の高温過酷環境との戦い
第一高周波工業株式会社 事業統括部 兼 技術統括部 専門部長(工学博士)
川原 雄三

14:35-15:25
地熱発電の蒸気井で使用するケーシング材の材料選定
NKKシームレス鋼管(株) テナリスアジアパシフィック地区技術総括
佐倉 弘持

15分休憩

15:40-16:30
海洋資源開発および海洋自然エネルギー開発に使用される材料に求められる機能について
ユニバーサル造船株式会社 技術総括部 特任部長
鳥海 誠

16:30-17:00
総合討論

参加費:
 エコマテリアルフォーラム団体会員、物材機構関係者:無料
 エコマテリアルフォーラム個人会員 :資料代 2,000円
 一般 :参加費 6,000円

申込方法:
 電子メールにて、件名冒頭に【10/12申込】と入力し、出席される方の氏名、勤務先、所属、メールアドレス、会員資格(団体・個人・一般) を明記の上、下記事務局アドレスへ10月9日(火)までに送信下さい。

〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-10 新橋アマノビル6F
(社)未踏科学技術協会 エコマテリアルフォーラム事務局 石坂浩子
Tel 03-3503-4681  Fax 03-3597-0535  E-mail ecomat@sntt.or.jp

定員: 50名






PAGE TOP

社団法人 未踏科学技術協会 エコマテリアル・フォーラム  東京都港区西新橋1-5-10 新橋アマノビル6階
2012 The Ecomaterials Forum, The Society of Non-Traditional Technology All rights reserved.