平成27年度エコマテリアル・フォーラム年会シンポジウム
「東京オリンピック・パラリンピックをEcolympicに」

2020年東京オリンピック・パラリンピックとその後を見据え、世界一の都市・東京にふさわしい資源循環の実現を目指す動きが推進されています。東京都は持続可能な資源利用を進めるための3つの柱の1つとして「エコマテリアルの利用の促進」を掲げました。このような動きの中、エコマテリアル・フォーラムは東京オリンピック・パラリンピックを循環型社会、持続可能社会に向けた動きを国際的にアピールする「Ecolympic」にするため、様々な活動を行っていきたいと考えています。本シンポジウムではその第一歩として産業界、学界、市民の立場から2020年に向けた取り組みの紹介と提言を行います。

主  催: 一般社団法人 未踏科学技術協会 エコマテリアル・フォーラム
開催日時: 2015年 7月27日(月) 10:30~
開催場所: 日比谷コンベンションホール
東京都千代田区日比谷公園1-4日比谷図書文化館
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
参 加 費: エコマテリアル・フォーラム会員:無料
未踏科学技術協会員または共催団体の会員、職員:無料
協賛団体の会員:500円
一般:1,000円
交 流 会: 4,000円(交流会参加者のみ)
資 料 代: 1,000円
参加登録: オンライン申込み
人数に限りがありますのでお早めに登録願います。
お問合せ先: 一般社団法人 未踏科学技術協会 エコマテリアル・フォーラム
〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-10 新橋アマノビル6F
(窓口)Tel: 029-859-2668
E-mail: ecomaterial★sntt.or.jp (★の部分を半角@に変更してください)

◆プログラム

10:30-10:40 挨拶
エコマテリアル・フォーラム 原田 幸明 会長
10:40-11:00 「日本のエコマテリアルを世界に」
フォーラム幹事 
11:00-12:00 第一部
「オリンピックのインフラ整備にエコスラグの利用を」
日本産業機械工業会 エコスラグ利用普及推進室 水田 耕市 室長
「再生コンクリートで持続可能な都市づくり」(仮題)
宮城大学 北辻 政文 教授
「間伐材等合法木材を使用した合板型枠で持続可能都市・東京の建設を」(仮題)
日本合板工業組合連合会 川喜多 進 専務理事
セイホク株式会社 相澤 秀郎 専務取締役
「使用済み自動車から大会エコモービルを。
        東京が世界に示すアップサイクル社会」
東京製鐵株式会社 伊藤 岳 販売部鋼板開発課長
13:00-15:00 第二部
「エコリンピックへの期待」
日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 
大石 美奈子 理事
「東京オリンピックをクールジャパンの祭典に」(仮題)
株式会社イトーキ Econifa開発推進室 末宗 浩一 室長
「世界展開を目指すNECのバイオマテリアル」
日本電気株式会社スマートエネルギー研究所 位地 正年 主席研究員
「社会を支える富士通のグリーンICT」
富士通株式会社環境本部 朽網 道徳 プリンシパルテクノロジスト
「東京オリンピック・パラリンピックとその先を見据えた
                       グリーン購入の役割」
グリーン購入ネットワーク 深津 学治 事務局次長
・ワンスライド・ショートプレゼンテーション 
企業からの提案、市民からの提案
「こんな製品、こんな取り組みを東京オリンピックに」(公募予定)
15:10-16:55 第三部
「ビッグイベントのLCA」
東京都市大学 伊坪 徳宏 教授 
「グローバルエシックスと東京オリンピック」
東京都市大学 中原 秀樹 教授
「2012年ロンドン大会における環境配慮への取組」
株式会社インテージリサーチ 前浜 三四郎 主任研究員
「みんなで創るゼロオリンピック -ロンドンに学ぶ- 」
持続可能な社会をつくる元気ネット  鬼沢 良子 事務局長
  ご挨拶

環境省総合環境政策局総務課 堀田 継匡 調査官
東京都環境局資源循環推進部 古澤 康夫 専門課長
三菱総合研究所 小宮山 宏 理事長(ビデオ挨拶) 

  交流会 ライブラリーダイニング日比谷 (参加費別)