日立造船がポリ乳酸樹脂事業開始を発表

日立造船(株)と(株)C・P・Rは、ポリ乳酸樹脂に関する開発協定を締結し、将来の市場形成に向けての取り組みを開始しました。
 ポリ乳酸樹脂は植物のデンプンからできるバイオプラスチックであり、使用後も地中で生分解し、炭酸ガスと水になり、地球に還元されます。 更に植物を由来とするものであるため、使用後に燃やしても炭酸ガス排出にカウントされない地球に優しい素材として注目を集めています。 現在、原料の乳酸の供給体制は米国企業が市場を独占していますが、CPR社は、キャッサバ(タピオカイモ)デンプンから乳酸を製造し、 これを化学合成することにより安価なポリ乳酸(生分解性)樹脂を開発しました。日立造船は、CPR社と協力して、 これまでに培った大型プラント建設のノウハウを活かし、実用化・供給体制の確立を目指した取り組みを展開していくとのことです。

〔文責〕山下宏一  理化学研究所 中央研究所 化学分析チーム

«    »