「ジャニン・ベニュス『Biomimicry』の翻訳書がオーム社から刊行」

「自然と生体に学ぶバイオミミクリー」2月から店頭に
 1997年ジャニン・ベニュスが著し話題を呼んだ「Biomimicry」の日本語版が刊行されました。 自然に学び生体に似た機能を応用することにより持続可能な社会を形成することを提案し、その先進的な事例を紹介しています。 遅すぎた感すらある日本語版の出版ですが、その考え方は10年たっても色あせず、むしろますます重要になっています。 環境負荷低減に関わる技術開発に取り組む方にとって大いに興味の持てる一冊だと思います。

ご興味のある方は、こちらまで→ http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=4-274-50065-9〔文責〕垣澤英樹  物質・材料研究機構 エコマテリアル研究センター

«    »