「硫黄化合物系エミッションの無害・資源化とゴミメタルからの鉄銅回収」

廃棄物からの有価資源生成のための基礎およびプロセス研究を行っています。
岩手大学工学部材料物性工学科 飯島・山口(勉)研究室のご紹介

 私ども研究室では現在エコマテリアル研究テーマとして、硫黄化合物系エミッションの無害・資源化およびゴミメタルからの鉄銅回収に取り組んでいます。
金属資源の鉱石の多くは硫化鉱であるため、これらを取り出した後には不可避的に硫黄化合物系のエミッションが発生します。 熱力学シミュレーションと電気炉を用いた小型試験を行い、廃プラスチックを還元剤として、硫化物を還元し元素硫黄を生成し無害化するプロセスを研究しています。
 一方、一般廃棄物の溶融処理により発生する合金は主に鉄と銅より構成されます。 これらを分離することで資源化が可能ですが、熱力学的性質の制約から分離プロセスの構築が困難なのが現状です。 そこで、相平衡の測定などを通して有効なプロセスの提案を行っていきます。
研究室スタッフ
飯島 嘉明 教授
山口 勉功 助教授
植田 滋   助手

岩手大学 工学部 材料物性工学科 のホームページ

«    »