Beyond 2020 世界に広げよう都市鉱山開発

エコマテリアル・フォーラム2017年度年会シンポジウム

「Beyond 2020 世界に広げよう都市鉱山開発」

 

主催:エコマテリアル・フォーラム

日時:2017年7月20日(木)10:30~17:00

場所:千代田区立日比谷図書文化館4F スタジオプラス(小ホール)

 

趣旨:

2020東京オリンピックの組織委員会はオリンピックのメダルをリサイクル原料すなわち都市鉱山から作成することを決め、この4月から組織委員会、環境省、NTTdocomo、そして小型家電認定事業者が結集した日本環境衛生センターの4者で「みんなのメダルプロジェクト」をスタートさせ、そこに多くの自治体が参加して携帯電話機や小型家電の回収を進めています。エコマテリアル・フォーラムもこの件に関しては「2020 年東京オリンピック・パラリンピックのメダルに回収金属を活用することについての提案のフィージビリティに関する調査報告」を昨年1月に発表し、また昨年夏には「オリンピックの金銀銅メダルを みんなで回収したリサイクル原料でつくりましょう」のインターネット署名を進めるなど、その実現に尽力してきました。

この都市鉱山メダルは、市民がリサイクルしたものが直接市民の目の前に登場することで、リサイクルをより一層身近に感じさせるもので、オリンピックにとどまらず地方のスポーツイベントなどにも広がりつつあり、リサイクルをより幅広く定着させていく取り組みとして発展していきそうです。

しかし、リサイクルが本当に都市鉱山開発として意味を持っていくには、市民のMOTTAINAIの行為にとどまらず資源と環境を考えた大きな物質循環の取り組みとして発展させていくことが重要です。資源需要の増大の中で資源の採取が与える環境への影響はますます大きくなっていき、使用済み製品はE-wasteとして発展途上国の環境を乱しています。都市鉱山開発はこのような環境への影響を抑えつつ人々が豊かになるために必要な資源を確保していく重要な手段です。しかもこれまでは国内の循環だけを考えればよかった原材料や製品の流れが国際化してきており、広域の視点で都市鉱山開発と物質循環を考えねばならない時代になっています。

欧州では「資源効率」さらには「サーキュラー・エコノミー」というものが打ち出され、このような循環が新たな経済活性をもたらすような試みまで始まっています。世界に先駆けてオリンピックのメダルにリサイクル原料を採用させた日本が、世界に向けて次に何を発信していくのかを、本シンポジウムで想起していただければ幸甚です。

 

 

プログラム:

10:30-10:40 開会あいさつ      フォーラム幹事長 篠原 嘉一
10:40-11:10 会員事業者と連携した「自治会・町内会、区役所、大学における台所油田の取組」

横浜市地球温暖化対策推進協議会 佐藤一子

11:10-11:55 都市鉱山メダルの次に日本が国際循環型社会に向けて発信するもの

NIMS  原田 幸明

11:55-12:55   昼食

12:55-13:25 <エコマテリアル・フォーラム総会>

13:30-14:05 都市鉱山メダルを生み出したサーキュラー・エコノミー型リサイクル

㈱アステック入江 小森 裕司

14:05-14:40 「Out of sight, out of mind」-知らないままにはしておけない-

資源・環境ジャーナリスト 谷口 正次

14:40-15:15 アジアの資源循環の現状と今後の方向性

立命館大 山末 英嗣

15:15-15:25   休憩

15:25-16:00 再生エネルギーの取り組みについて

近畿大  岡部 敏弘

16:00-16:20 WG活動報告:熱電発電研究会

NIMS  磯田 幸宏

16:20-16:40 会員発表:既存技術・素材を用いたエコに資する研究・開発

岩手大  山口 明

16:40-16:45 閉会あいさつ          フォーラム会長 原田 幸明

17:15~  懇親会(PRONT:千代田区立日比谷図書文化館地下)

参加申し込み:エコマテリアル・フォーラムWEB (http://www.ecomaterial.org/)
シンポジウム参加費:無料
資料集代:2,000円
懇親会参加費:3,500円

登録は http://susdi.org/wp/event/page-145/ から

 

第14回レアメタル資源再生技術研究会開催のご案内

日 時: 平成 29 年 5 月 25 日(木 ) 11: 00 ~(受付開始 10: 30)

場 所: 名古屋市工業研究所(名古屋市熱田区六番 3 丁目 4-41)

研究会: 管理棟 4 階第 2 会 議 室 、

交 流 会 : 管 理 棟 2 階交流フロア

主 催: レアメタル資源再生技術研究会

協 賛: 一般社団法人資源・素材学会、一般社団法人廃棄物資源循環学会、

エ コ マ テ リ ア ル ・ フ ォ ー ラ ム  (予定) 環境資源工学会、

テーマ: 米・欧・台・日 資源リサイクルの現状

US-EU—Taiwan-Japan The Present State of Resources Recycling

プログラム、参加申込方法等の詳細 http://www.raremetal-forum.jp/

 

レアメタル資源再生技術研究会

お問い合わせ先 /事務局 加藤、菱川

TEL:058-379-0686, FAX 058-379-0688

E-mail : office@raremetal-forum.jp

 

2017年11月19日~23日 第13回エコマテリアル国際会議

ECOMATERIALS CONFERENCE & EXHIBITION 2017
13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ECOMATERIALS 2017 (ICEM13)
Innovative Green Materials and Technologies for Sustainability under the Sufficiency Economy
(2017.11.19~23 King Mongkut’s University of Technology Thonburi, Bangkok, Thailand)
HP(http://icem13.kmutt.ac.th)

都市鉱山メダルの採用が決まりました

かねてよりエコマテリアル・フォーラムが推し進めていた、「2020東京オリンピック・パラリンピックのメダルをリサイクル原料で作成する」通称「都市鉱山メダル」の採用が11月9日の組織委員会の理事会で決まりました。IOCのバッハ会長も「このメダルが持続可能性に関する強いメッセージを世界に届けることになることは、とても良いこと」と後押ししたそうです。

皆様の、ご理解、ご支援ありがとうございました。

第13回レアメタル資源再生技術研究会

 

日時:平成28年11月7日(月)13:00 ~(受付開始12:30)

場所:名古屋市工業研究所(名古屋市熱田区六番3丁目4-41)

講演会:管理棟4階第2会議室、交流会:管理棟2階交流フロア

主催:レアメタル資源再生技術研究会

協賛:一般社団法人資源・素材学会、一般社団法人廃棄物資源循環学会、

(予定)環境資源工学会、エコマテリアル・フォーラム

テーマ:資源安の中でのリサイクルはどうあるべきか

~非鉄金属精錬のリサイクルの現状と今後~

プログラム(案)

【講演会】

13:00~13:10開会の挨拶会長藤田豊久

13:10~13:40講演1「JX金属グループにおけるリサイクル原料処理」

JX金属株式会社 日立事業所HMC製造部生産管理課

課長亀谷敏博氏

13:40~14:10講演2「三菱マテリアル(株)のリサイクル事業について」

三菱マテリアル株式会社 金属事業カンパニー製錬部

副部長清谷謙二氏

14:10~14:40講演3「DOWAエコシステムの資源リサイクル事業」

DOWAエコシステム株式会社 環境ソリューション室

室長川上智氏

14:40~14:50休憩(10分)

14:50~15:20講演4「ハイブリッド自動車用ニッケル水素電池の

リサイクル技術について」

住友金属鉱山株式会社 技術本部新居浜研究所湿式製錬開発グループ

グループリーダー浅野聡氏

15:20~15:50講演5「製錬技術を活用したリサイクル製錬」(仮題)

三井金属鉱業株式会社 金属事業本部技術部

部長峰義博氏

15:50~16:20講演6「循環型社会の構築と環境ビジネス振興の取組」(仮題)

経済産業省中部経済産業局 資源エネルギー環境部環境・リサイクル課

課長浅野俊明氏

16:20~16:30閉会の挨拶

【交流会】(名古屋市工業研究所2階交流フロア) 17:00~19:00交流会

都市鉱山五輪メダル実現のインターネット署名をすすめています。

1964年の成長のオリンピックから2020年は成熟のオリンピックとして21世紀の目指している持続可能な社会の姿をアピールすべく、そのシンボルと言えるメダルに我が国の高いリサイクルの技術と精度そしてMOTTAINAIの精神に支えられた都市鉱山リサイクルで得られた原料での選手表彰メダルづくりを実現すべくインターネット署名をすすめています。

署名のURLは、https://goo.gl/yNn2Lp から

フォーラム会員の(一社)サステイナビリティ技術設計機構が 特設ページを設けています。

メダルカード pic1547

普及のための都市鉱山メダル署名カードを活用したい方は (一社)サステイナビリティ技術設計機構のネット販売からも購入できます。

2016/07/25 エコマテリアル・フォーラム 2016年度年会シンポジウム

エコマテリアル・フォーラム2016年度年会シンポジウム
熱電発電の社会応用 ―低温度排熱活用への期待と課題―
主催:(一社)未踏科学技術協会 エコマテリアル・フォーラム
共催:(国研)物質・材料研究機構
日時:平成28年7月25日(月)
場所:東京都千代田区立日比谷図書文化館大ホール
趣旨:
1990年代以降、地球温暖化問題の重要性が世界的に認識されるようになり、注目を集めているのが熱電発電である。地球温暖化対策としてエネルギーの有効利用を促進するためには、エネルギー利用機器の変換効率を高めることと共に、排熱として放出されている熱エネルギーの回収利用が鍵となる。熱電発電は300℃以下でも動作して小型で可動部がないため、小回りの利く便利な発電技術として注目される。蝋燭ラジオ、熱電腕時計、ファンヒーターなどニッチな用途では製品化されているが、市場を形成するには至っていない。
熱電発電の民生応用の課題は何か?適切な利用方法は何か?何がポイントになるのか?この課題に取り組むことで、排熱の有効利用によるCO2排出量の削減を目指し、今年の6月に「熱電発電研究会」をエコマテリアル・フォーラム内に設立した。「熱電発電研究会」の基本的な考え方と取組みを紹介し、多くの方々と課題と方向性を議論することを目的として、本シンポジウムを開催する。

(プログラム案)
12:30~12:35 開会あいさつ  フォーラム会長   原田幸明
12:35~12:40 「熱電発電研究会」設立について  フォーラム幹事長  篠原嘉一
12:40~12:45 「熱電発電研究会」代表者挨拶   (国研)物材機構  磯田幸宏
12:45~12:55 ご挨拶(産業応用に向けて)  NEDO 楠瀬暢彦
12:55~13:05 ご挨拶(農業応用に向けて)  (国研)農研機構  福田浩二
13:05~13:35 熱電発電のこれまでの歩みとこれからの展開 杉原科学技術研究所  杉原 淳
13:35~14:05 地域分散エネルギーに関する土湯の取組み  ㈱元気アップつちゆ  加藤勝一
14:05~14:35 熱電発電に関する取組み   ㈱KELK  八馬弘邦
14:35~15:05 体温で動作する心臓ペースメーカーの試作  静岡大  木村元彦
15:05~15:20 (休憩)
15:20~16:45 座談会 ―排熱活用への期待と課題―  司会:篠原嘉一
パネリスト:杉原 淳(杉原科学技術研究所)
中村恭之((有)フロンティアマテリアル)
八馬弘邦(㈱KELK)
飯田 努(東京理科大学)
磯田幸宏((国研)物材機構)
16:45~16:50 閉会あいさつ  (一社)未踏科学技術協会理事長 木村茂行
17:30~ (懇親会)
参加費:無料(フォーラム会員)、1,000円(共催団体職員)、2,000円(非会員)
講演資料集:2,000円(参加費には含まれません)、懇親会:4,500円

なお、事前登録・事前発券制で当日支払いはありませんのでご注意ください。

登録は こちらから http://susdi.org/wp/event/reg725/

第12回レアメタル資源再生技術研究会 

第12回レアメタル資源再生技術研究会 HP

テーマ: EUのCircular Economyと我が国の資源リサイクル戦略


●日時:平成28年7月19日(火)  
13:00~19:00
●会場:
名古屋市工業研究所(名古屋市熱田区六番3丁目4-41)
管理棟4階第2会議室

●交通:
経路地下鉄:「名古屋駅」から「金山駅」経由JR、名鉄、地下鉄)にて、
地下鉄名港線
「六番町駅」下車すぐ(所要時間 約20分)
      経路バス:名古屋駅「名鉄バスセンター」3階(2番乗り場)から
           50,63系統(三重交通バス)に乗車「熱田六番町」下車すぐ(所要時間約20分)

●対象:レアメタル資源再生技術研究会会員ほか、一般企業および
公的研究機関・大学関係者 約120名
●研究会終了後に
名古屋市工業研究所内で 交流会を開催します。
●参加費
【講演会】
・ 法人会員 10,000円/名 (2人目からは 5,000円/名)
・ 個人会員  5,000円/名
・ 特別会員  無  料
・ 非  会  員 30,000円/名
※現在、非会員で参加申込と同時に本研究会入会手続きをされる方 は、
本部事務局にその旨ご連絡下さい。
・ 学  生    2,000円/名
【交流会】
・ お1人様に付き 5,000円を別途承ります。
主催:レアメタル資源再生技術研究会

  ・開催案内(PDF)
プログラム(PDF)
会場までのアクセス、会場内地図(PDF)

3Rと資源効率、Circular Economyについて

日本LCA 学会Circular Economy 研究会、MRS-J サステイナビリティ研究会、エコマテリアルフォーラム、廃棄物資源循環学会 共同企画セミナー

「3Rと資源効率、Circular Economyについて」

 

■趣旨:

日本からの環境政策として2000年に定めた循環基本法にもとづく3R政策は、アジア太平洋諸国をはじめ、世界各国で広く認知されてきました。一方、欧州を中心に資源効率や循環経済への政策展開が見られるようになっています。2016年に日本で開催されるG7サミットや環境大臣会合では、気候変動やエネルギー対策とともに3Rと資源効率性を進展させるための次の一手が議論される予定です。また、2015 年12 月2 日に欧州委員会はCircular Economy Strategy : closing the loop – An EU action plan for the Circular Economy と題するCircular Economy に関するアクションプランを発表しました。これは単にこれまで議論されてきたリサイクルベースの循環型社会をつくろうというのではなく、循環をもとにした社会システムに付加価値を生み出させ経済活性を図ろうとする新しい挑戦だとみることができます。それは、欧州域における埋立処分の禁止やリサイクル率の向上、エコデザイン製品の推奨を目指すだけでなく、世界的にもグリーン調達の進め方、リサイクルの在り方やエコデザインの転換などにもかかわる問題です。

この関係の現状から今後を視通すための知見の集積から、将来の展望と当面の取り組みに関する講演と議論を行うセミナーを企画しましたので、奮ってご参加ください。

 

■主催:日本LCA 学会Circular Economy 研究会、MRS-J サステイナビリティ研究会、

エコマテリアルフォーラム、廃棄物資源循環学会

■協賛: 日本LCAフォーラム、エコデザイン学会連合、国際レアメタル&リサイクル研究会、グリーン購入ネットワーク、レアメタル資源再生技術研究会、一般社団法人持続性推進機構、一般社団法人資源・素材学会、プラスチックリサイクル化学研究会、環境資源工学会、精密工学会LCE専門委員会

■日 時:2016年5月26日(木) 10:00~17:00 (受付は9:30より開始)

■場 所:川崎市産業振興会館(川崎市幸区堀川町66-20)

地図:http://www.kawasaki-net.ne.jp/kaikan/access.html

JR川崎駅、西口改札出口より徒歩5分

■定員:200名(事前振込制)

■参加費:事前登録された方:主催4団体会員1万円。非会員1.5万円 (まだOKです)

当日受付の方:主催4団体会員1.2万円。非会員1.7万円 。請求書払いとなります。

当日は現金の取り扱いはできませんので、事前登録、支払いをお願いします。

■参加申込:各学会の会員は以下のwebから申込ください。

案内 http://susdi.org/wp/event/2016/04/13/526/

・日本LCA 学会Circular Economy 研究会、MRS-J サステイナビリティ研究会、

エコマテリアルフォーラムの会員の方、非会員の方

→サステイナビリティ技術設計機構のHP(http://susdi.org/wp/event/reg/ )から申込ください。 http://susdi.thebase.in/ から 銀行振り込み、カード、コンビニ支払いが可能です。

■プログラム:

<10:00~ 10:05> 開会の挨拶                     (社団法人サステイナビリティ技術設計機構)原田幸明

<10:05~10:35> (仮)3Rと資源効率に関する政策展開    (環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課長) 山本昌宏

<10:35~11:05> (仮)資源効率・循環経済に関する政策展開     (経産省産業環境局リサイクル推進課長)深瀬聡之

<11:05~11:35> UNEP国際資源パネルの活動とG7への迅速評価報告           (東京大学教授) 森口祐一

<11:35~12:05> パリ協定が示す循環型社会の未来像                   (持続性推進機構理事長) 安井 至

<12:05~13:00> 昼食休憩(講師は別室で弁当。パネルディスカッションの事前検討会)

<13:00~13:30> Circular Economy でエコデザインとリサイクルはどう変わるか

(物質・材料研究機構特命研究員(元素戦略)) 原田幸明

<13:30~14:00> RE/CE 施策に関する欧州業界団体の意見    (三菱総研 環境・エネルギー研究本部) 新井理恵

<14:00~14:30> 技術の目で見たCircular Economy                        (東北大学教授) 中村 崇

<14:30~15:00> サステイナビリティとCircular Economy              (東京都市大学環境学部教授) 枝廣淳子

<15:00~15:10> 休憩

<15:10~15:40> 3R展開における発生抑制と資源効率                    (京都大学教授) 酒井伸一

<15:40~17:00> パネルディスカッション

コーディネーターは酒井氏 パネラーは上記講演者

<17:00~17:05> 閉会の挨拶

<17:10~19:00> 意見交換会

素材の循環使用に関するシンポジウム

素材の循環使用に関するシンポジウム

主催 日本学術会議 材料工学委員会材料の循環使用検討分科会

総合工学委員会持続可能なグローバル資源利活用に係る検討分科会

時期 平成28年5月23日

場所 日本学術会議 大会議室

 

協賛;日本鉄鋼協会、日本金属学会、資源素材学会、高分子学会、セラミック協会

 

講演

13:00-13:30 UNEP国際資源パネルとEUの資源効率・循環経済

東京大学 工学研究科 森口祐一

13:30-14:00 素材循環のキーテクノロジーとしての物理選別

早稲田大学 創造理工学研究科 大和田秀二

14:00-14:30 高分子材料の供給と循環使用

産業技術総合研究所 環境管理研究部門 資源精製化学研究グループ

上級主任研究員、 加茂徹

 

14:30-14:40 休憩

 

14:40-15:10 鉄鋼の循環使用        東北大学 工学研究科 長坂徹也

 

15:10-15:40 非鉄材料の循環使用

東北大学 多元物質科学研究所  中村 崇

 

15:40-17:00 素材の循環利用に関するパネルディスカッション

司会 東北大学 多元物質科学研究所  中村 崇

 

パネラー

経済産業省 非鉄金属課 黒藪 誠、

環境省 廃棄物・リサイクル対策部企画課 リサイクル推進室 谷貝 雄三

トヨタ自動車㈱ 環境部 担当部長 嶋村高士

(株)日立製作所 知的財産本部 国際標準化推進室 主管技師長市川 芳明

ならびに 講演者

 

参加費: 無料

申し込み 東北大学 多元物質科学研究所 希少元素高後逸抽出拠点 原子佳恵

TEL 022-266-8577 e-mail: harako@tagen.tohoku.ac.jp

1 2 3 4 5 6 7 >