第17回レアメタル資源再生技術研究会

平成31年3月4日(月)に第17回レアメタル資源再生技術研究会を名古屋市工業研究所にて開催することとなりました。
今回は、「EU発Circular EconomyとEV化に向けたレアメタル・レアアースリサイクル
/“EV化に向けたレアアース・モバイルリサイクルの体制構築”」をテーマに講演会
を予定しております。

1.開催日:平成31年3月4日(月) 講演会:13:00~、交流会:17:00~

2.開催場所: 名古屋市工業研究所
講演会:管理棟4階第2会議室、         交流会:管理棟2階交流フロア
(名古屋市熱田区六番3丁目4-41)

3.対 象:レアメタル資源再生技術研究会会員ほか、一般企業および公的研究機関・
大学関係者 約120名

4.参加費:
【講演会】
・法人会員 10,000円/名 (2人目からは 5,000円/名)
・個人会員 5,000円/名
・特別会員 無 料
・非 会 員 30,000円/名
※現在、非会員で参加申込と同時に本研究会入会手続きをされる方は、
事務局にその旨ご連絡下さい。
・学 生 2,000円/名

【交流会】
・お1人様に付き 5,000円を別途承ります。

5.開催内容:①開催案内②プログラム③参加申込書

6.交 通: ④アクセスご参照

7.主 催:レアメタル資源再生技術研究会

第3回LED信号機着雪・凍結対策発表会

1.開催日:平成31年2月25日(月)13:30~16:10

2.開催場所: 青森国際ホテル 2F 春秋の間
青森市新町1-6-18

3.対 象:企業および個人

4.参加費:無料

5.開催内容: ご参照

6.問い合わせ先:
公益財団法人
21あおもり産業総合支援センター
コーディネーター
岡部敏弘

〒030-0801
青森市新町2-4-1
青森県共同ビル7階
Tel:017-777-4066
Fax:017-721-2514
HP:http://www.21aomori.or.jp/
携帯09028830783
Email:toshihiro_okabe@21aomori.or.jp

2019年度 国際研究集会援助(国際学術交流援助)

***岡部理事よりの情報です***

★締切り : 2019年1月31日

1.内容 :
援助対象の分野は、工学を含む自然科学及び人文・社会科学分野全般が援助対象となります。本募集では、2019年4月1日から2020年3月31日までの間に開催される国際研究集会が対象となります。援助対象の国際研究集会は、我が国で開催される、学術的専門家・研究者の参加する国際会議で、原則として比較的中小規模であり、当該会議のために組織され運営全般に責任を有する組織委員会又は実行委員会等が主催するものとします。

2.金額 : 50万円/件

鹿島学術振興財団(電話:03-3584-7418)

http://www.kajima-f.or.jp/

平成31年度 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)

★公募時期:平成31年3月頃

1. 事業の概要
本事業は、我が国製造業者の国際競争力の強化と新たな事業の創出を目指し、中小ものづくり高度化法で指定する特定ものづくり基盤技術の向上につながる研究開発、その試作等の取組を支援し、中小企業のものづくり基盤技術の高度化を図り、もって我が国製造業の国際競争力及び新たな事業の創出に資することを目的とする。

2. 補助対象者
「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」(中小ものづくり高度化法)に基づく「特定研究開発等計画」の認定を受けた中小企業・小規模事業者を含む2者以上の共同体であること。
※認定については「中小ものづくり高度化法」
<http://www.tohoku.meti.go.jp/s_monozukuri/mono_cyusho.html>参照
– 本事業への応募は事業管理者が行うこと。

3. 補助対象事業
中小ものづくり高度化法の認定を取得した研究計画で、中小企業・小規模事業者が大学、公設試等の研究機関等と連携して行う、製品化につながる可能性の高い研究開発、試作品開発等及び販路開拓及び販路開拓への取組を一貫して支援します。

4. 補助事業期間と補助金額等
– 補助事業期間:2年度又は3年度
– 補助金額:初年度:4,500万円以下、2年度目:初年度の交付決定額の2/3以内、
3年度目、初年度の交付決定額の1/2以内
※初年度の大学、公設試等の補助額は1,500万円が上限

5. その他
– 詳細については、中小企業庁ホーム
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/index.html

http://alive-business.com/grant/product/6264.html

競輪とオートレースの補助事業について

*** 岡部理事よりの情報です ***

 

競輪とオートレースの収益を助成金として配布しています。地域貢献や国際交流、研究助成なと゛に配布します。
詳細は、補助事業説明書をご参照下さい。

http://hojo.keirin-autorace.or.jp/shinsei/index.html

補助事業説明書

 

未踏科学技術協会特別講演会のご案内(1)9月13日IoT導入、(2)10月10日量子ビジネス

未踏科学技術協会主催特別講演会のご案内(2件)

(1)IoTシリーズ 第1回「Society 5.0を実現するIoTを習得する」
~IoT導入の手法と考え方~
日 時:2018年 9月 13日(木)13時15分~17時00分
場 所:東京理科大学森戸記念館 第1会議室
概 要:産業IoTの専門家よりIoT導入の基本的な考え方とその実現手法について、また
実際の導入事例を2社よりご紹介いただき、IoTの姿を見据えます。
詳しくはホームページをご参照。

(2)量子計算利用シリーズ 第2回「量子ハードウェアのビジネス利用」
~量子コンピュータ・量子アニーラーは何に使えるのか~
日 時:2018年 10月 10日(水)13:30~17:00 懇親会17:30~19:00
場 所:公益社団法人日本化学会 化学会館 6階 601会議室
概 要:量子コンピュータおよび量子アニーリングの最先端の研究開発を行っている講師陣を迎え、基礎から最新の研究・ビジネス展開まで解説を行っていただきます。
詳しくはホームページをご参照。

<お知らせ>
ご好評! 量子計算利用シリーズ第1回 e-ラーニング受講
http://ad3learning.xsrv.jp/participant/participant_regist.php
<20%OFF価格にて受付中!>

++++++++++++++++++++++++++++
≪本講演、2件に関するお問合せ先≫
一般社団法人 未踏科学技術協会
〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-10 新橋アマノビル6F
Tel: 03-3503-4681 Fax: 03-3597-0535 (担当:末次)
E-mail: mitoh-sws2018@sntt.or.jp
講演会(1)http://www.sntt.or.jp/allsws/index_180913.php
講演会(2)http://www.sntt.or.jp/allsws/index_181010.php

(公財)市村清新技術財団の新技術開発助成の平成30年度第2次募集について

公益財団法人 市村清新技術財団の新技術開発助成の平成30年度第2次募集があります。

詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

1 概要
「独創的な新技術の実用化」をねらいとしており、基本原理の確認が終了(研究段階終了)した後の実用化を目的にした開発試作を対象とする。

2 助成金
試作費合計額の4/5以下で2,400万円が限度

3 助成対象
・中小企業であること
・独創的な国産の技術であり、本技術開発に係わる基本技術の知的財産権が特許出願等により主張されていること
・開発段階が実用化を目的にした開発試作であること。すなわち、“原理確認のための試作”や“商品設計段階の試作”は対象外
・開発予定期間が原則として1年以内であること 等
4 受付期間
10月1日~10月20日
5 申請方法
申請書は当財団ホームページのWeb登録システムで作成
6 申請書提出先・お問い合わせ先
(公財)市村清新技術財団 新技術開発助成担当
〒143-0021 東京都大田区北馬込1-26-10
電話 (03)3775-2021
FAX (03)3775-2020
E-mail zaidan-mado@sgkz.or.jp
受付時間 平日9時~17時(当財団休業日を除く)

http://www.sgkz.or.jp/project/newtech/download/outline.html

ものづくり補助金2次募集における加点措置の積極的な活用について

ものづくり補助金2次募集における加点措置の積極的な活用についてお知らせします。

○青森県の事例を送付します。全国募集です。
○各県の中小企業中央会が、事務局です。

(趣旨)
平成29年度補正分から、審査における加点項目として新たに、「先端設備等導入計画の認定」が加わったところですが、1次募集の採択結果を見ると、当該加点項目を活用した案件の採択率が78.7%(県新産業創造課調べ)と、平均を大きく上回る結果となり、その有効性が確認されました。
2次募集においても、当該加点項目の活用により採択率が向上することが見込まれることから、認定支援機関が補助申請書の確認を行う際、加点措置活用が可能な申請者に対し、別添資料「2.2次募集に向けての取組方針」により、積極的な活用について働き掛けしてくださるようお願いします。

(留意事項)
もの補助申請時点において、所在地の市町村に認定申請を行っていれば、(まだ認定を受けていなくても、)加点措置の対象にすることができますが、採択された場合、認定を受けてからでないと交付決定を受けることはできない(補助事業に着手できない)ことに御留意願います。(2次公募では補助事業の期間が短い中で更にということです)
(参考)
①【公募期間8/3~9/10】ものづくり補助金の公募について
◆◆◆公募要領の修正がありましたのでホームページをご覧ください。
②先端設備導入促進計画を策定している市町村を調べるにはこちら
③先端設備等導入計画申請様式・マニュアル等はこちらから ※記載例付き(中小企業庁HP)

http://jongara.net/blog/archives/4967

http://www.tohoku.meti.go.jp/s_cyusyo/seisansei/pdf/sityousonkihondoui.pdf

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/index.html

ものづくり補助金2次募集における加点措置の積極的な活用について

 

エコデザイン・プロダクツ&サービスシンポジウム2018 講演募集のご案内

エコデザイン・プロダクツ&サービスシンポジウム2018 講演募集のご案内

★講演募集〆切が、8月31日まで延期されました!

○開催日時:  2018年12月5日(水)
○開催場所: 早稲田大学西早稲田キャンパス63号館
東京都新宿区大久保3-4-1
(https://www.waseda.jp/top/access/nishiwaseda-campus)
○主催: エコデザイン学会連合(幹事団体:特定非営利活動法人エコデザイン推進機構)
○共催: エコデザイン学会連合加盟団体 (詳細はウェブサイトを参照)
早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 ナノプロセス研究所
○協賛企業: 一般社団法人環境ソリューション技術推進機構
○協賛学協会(予定):SEMI Japan/セミコンダクタポータル/一般社団法人 日本電子
デバイス産業協会(NEDIA)/ 株式会社産業タイムズ社(電子デバイス産業新聞)
○後援:一般社団法人 産業環境管理協会(エコプロ展)
○助成団体: 公益財団法人精密測定技術振興財団

1. シンポジウム開催概要
2. 講演募集テーマ
(A)製品・サービス設計、製品ライフサイクル設計、 (B)社会のエコデザイン、 (C)ビジネス戦略、政策提言、 (D)ライフサイクルマネジメント、 (E)サステナビリティ評価、 (F)サステイナブルマニュファクチャリング
3. 講演申込方法 ⇒(講演申込フォームご参照)
講演を申し込まれる方は、【2018年8月31日(金)】までに事務局( secretariat@ecodenet.com)宛に電子メールでお申し込みください。すべての講演に対して予稿を提出いただきます。

エコデザイン推進機構事務局(secretariat@ecodenet.com

講演概要_エコデザイン・プロダクツ&サービスシンポジウム2018

申込フォーム_EcoDePS2018

プレスリリース_環境新聞社 エコマテリアルフォーラムシンポジウム開催

エコマテリアル・フォーラム2018年会シンポジウムの開催案内が、環境新聞(セミナー・イベント欄)とHPにインフォメーション(http://www.kankyo-news.co.jp/)(左側下段)として掲載されました。

新聞社:環境新聞 第3面・日付:2018年7月11日

・概要

2018年度エコマテリアル・フォーラム年会シンポジウムが7月31日、東京都千代田区の日比谷図書館で「ここまで来たエコマテリアル!―新たな付加価値として「美しさ」の追求―」をテーマに開かれる。今回は、伝統工芸の漆器がもつ魚鱗(漆ブラック)を追求したバイオプラスチックの研究開発、共同研究の漆芸家による日本の漆器文化の歴史と発展、バイオプラスチックを高機能化できる非食用植物資源を使った新たなバイオポリマーの開発について特別講演が行われる。

参加費無料(資料代2千円)

申込みは、同フォーラムのホームページから

環境新聞 HPインフォメーション

環境新聞 第3面・日付:2018年7月11日

 

1 2 3 4 5 6 7 >