エコマテリアル 活動内容 | アクティビティ

アクティビティ

最近のアクティビティ

声: 様々な配布方法を試みています

2月17.18日には○○市主催の環境フェアで小型家電リサイクルのブースを設けての広報と回収を行いました。なかでも 砂銅探し のゲームは盛り上がり沢山の親子が挑戦しました。また○○市では、○○マラソンがあり前日のイベントと当日のゴール地点で環境省、○○県に協力してブースを設置しての回収と広報活動をしました。
弊社からは若手の女性職員を中心に4名で対応しまして、持ち込みも思った以上に多く集まりました。
伊藤環境副大臣と○○県知事のトークショーでもメダルプロジェクトと小型家電リサイクルのPRをしていただき大いに盛り上がりました。私も昼食会で意見交換ができ都市鉱山の活用と現状をお伝えして今後の推進への協力のお願いをしました。

そこで今回のバックですが活用方法は、いろいろ考えられますが○○県と○○県に協力していただいて自治体主催のイベントで配布したり、各自治体のロビーでの配布○○大学や○○大学のボランティア団体との連携また、弊社の回収ボックス設置の銀行、○○生協、○○生協の店舗での配布これから計画していますのは、○○○○リーグと連携して公式戦でのイベント回収をしようと思っています。そこで配布して次に観戦するときに持ってきていただく。開幕戦が配布としてはいいでしょう。年間通して環境講座や講演を小中学校や社会人向けをしているのでそこでも活用できます。2017年度は約1000人超です。
(四国 K社)


いろいろな広がりができて、心強い限りですね。「My都市鉱山バッグ」がそれをさらに広げていくのに役立てばと思っています。ちなみに、愛媛県はオリンピックの組織委員会がすすめている「みんなのメダルプロジェクト」の自治体参加率も2/3の自治体数を超えトップクラスですね。このような取り組みがこれからの小型家電リサイクルを支えていくのだと期待しています。

声: 自治体などに

心当たりの団体や組織に当たってみます。自治体が早く動いてくれるとありがたいですね。 (愛知県Mさん)


自治体が回収先でもあるので取り組んでくれるといいでね。

声:いろいろ当たってみます

素晴らしい試みですね。

当方、○○市、○○連、そして、英語ボランテアなどにアナウンスしてみます。少しお待ち願います。なお、是非、小型家電リサイクルを進め、世界にアッピールする絶好に機会を実りあるものにしたいですね。


ありがとうございます。よろしくおねがいします。

皆様の声:バッグに存在感を

都市鉱山活動の案内ありがとうございます。○○の人たちとも相談してみたいと思います。

昨年、お話をお聞きして以来、小型家電のリサイクルも気にしていますが、一つ気づいたことは、次の点です。

小型家電の廃棄物は、他のリサイクルゴミ(古新聞、ペットボトル、カン、びん、発泡スチロール)に比べてほとんど出てきません。そのため、リサイクル小型家電の入れ物が家の中で見えなくなってしまう結果になっています。(これは、我が家だけかもしれませんが。)

それで小型家電回収バックの家庭内での存在感を保つためにはどうしたものか、よくわからないところです。 (茨城県K氏)


バッグの存在感をもっと増す必要があるということですね。そのために、入れておくのだったらただの紙袋でもよいのですが、あえて「My都市鉱山バッグ」を制作して配布しようとしている次第です。 よろしくご活用お願いします。

 

いよいよMy都市鉱山バックプロジェクト稼働まぢかです。

My都市鉱山バッグとOur都市鉱山カードを配布して、みんなの家に眠っている携帯電話機などの小型家電からの金銀銅レアメタルの資源を活かす、My都市鉱山バッグ運動、その契機づけに、もっと小型家電等のリサイクルが進めばいいなと思っている皆さんの協力で、My都市鉱山バッグを制作して寄贈する、「My都市鉱山バッグ制作」のクラウドファンディングプロジェクトが3月には稼働します。
みなさまのご協力をお願いします。

 

「my都市鉱山バック」で小型家電リサイクルをすすめよう

使用済みの携帯電話など小型家電に含まれる資源利用が始まっています。

 

みなさんが日ごろ愛用している携帯電話機やデジカメ、オーディオ、ゲーム機などの小型家電には、実は天然の鉱石よりも濃度の高い金や銀、銅さらにはレアメタルなどの貴重な資源が含まれています。  2013年から小型家電リサイクルという制度が動き出しており、来る2020年のオリンピック・パラリンピックのメダルもみんなの使用済みの携帯電話機や小型家電などから再生されたリサイクル金属から制作されることになるなど、使用済みの携帯電話機など小型家電に含まれる貴重な希少金属を資源として活用する「みんなの都市鉱山」の活用も広がりだしてきています。

 

まだまだ遅れている小型家電リサイクル

 

とはいっても、紙やプラスチックのリサイクルのように家の近くにまとめてておけばリサイクルができるというわけでもなく、回収ボックスや環境イベントなどに持っていかなければならないなどひと手間かかることもあり、他のリサイクルに比べてもまだ遅れているのが現状です。

特に、自治体で回収すると言っても、街角にポストのように回収ボックスを置くわけにもいかないので、どこに持っていったらよいかわからないという声や、さらに日常的に回収車が回ってくるわけでもないので、使用済の携帯など小型家電が「みんなの都市鉱山」としてリサイクルされているのを知らない人もまだ多くいるのが現状です。

そのうえ、せっかくリサイクルに持っていこうと思っても、「邪魔にもならない携帯一台のためにわざわざ役所まで行くのは煩わしい」と思う人も多く結局は机の引き出しや押し入れの片隅に退蔵されたままの小型家電もたくさんあると思われます。

 

My都市鉱山バッグ」でみんなが持ち寄りやすいリサイクルを

 

このような状態を突破して、使用済みの携帯など小型家電を集めやすくし、みんなの都市鉱山をより活用するために提案するのが、「My都市鉱山バッグ運動」です。このバッグは、自分のうちにある携帯など小型家電を気づくたびに一個ずつリサイクルに持っていくのではなく、まず自分のうちにある使用済みの携帯などの小型家電、いうならばMy都市鉱山、を整理してまとめて持っていくためのバッグです。一台だけなら持っていく手間も、袋いっぱいになると持っていきやすくなります。また、ACアダプターのような付属品もこのようなバッグになら気楽に持っていけます。

できることなら理想的には小型家電のリサイクルの回収先である自治体で回収場所の情報も付けて、みんなに配ってもらいたいものだと思っています。また、その配ってもらったバッグをもとに、紙などのように、町内会や自治会や学区などみんなで持ち寄ってまとめて自治体に持っていく自主回収が取り組まれれば、さらに小型家電リサイクル運動の輪が広がると思います。

東京オリンピックのメダルを都市鉱山から

八戸、大館、一関の三市提案

 「2020年東京オリンピック・パラリンピックのメダルに回収金属を活用することについての提案」

のフィージビリティに関する調査報告

pdf

2015年7月27日シンポジウム

2015年7月27日日比谷コンベンションホール

 

2015年7月27日に 未踏科学技術協会 エコマテリアル・フォーラムの主催で東京の日比谷コンベンションホールで開催されたシ
ンポジウム「東京オリン
ピック・パラリンピックをEcoLympicに!」の講演です。 2020Tokyoを持続可能性にむけた一大祭典にしていくための提案が寄せられました。

10:30 -1035  挨拶  エコマテリアル・フォーラム 会長

10:35-1055「日本のエコマテリアルを世界に –エコマテリアルの到達点–」   フォーラム幹事長

10:55-12:00  第一部

1055-1110「オリンピックのインフラ整備にエコスラグの利用を」 日本産業機械工業会 エコスラグ利用普及推進室 水田耕一室長

1110-1125「再生コンクリートで持続可能な都市づくり」        宮城大学 北辻政文教授

1125-1145「間伐材が持続可能東京の建設を支える」     日本合板工業組合連合会 川喜多進 専務理事

1145-1200「使用済み自動車から大会エコモービルを。東京が世界に示すアップサイクル社会」 東京製鉄 伊藤岳 販売部鋼板開発課長

 

1300-1515  第二部

1300-1315「エコーリンピックへの期待」日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 大石美奈子理事

1315-1330「みんなで創るごみゼロオリンピック –ロンドンに学ぶ-」持続可能な社会を作る元気ネット 鬼沢良子事務局長

1330-1345「世界展開を目指すNECのバイオマテリアル」NECスマートエネルギー研究所 位地正年 主席研究員

1345-1400「社会を支える富士通のグリーンICT」  富士通環境本部  朽網道徳 プリンシパルテクノロジスト

1400-1415「東京オリンピック・パラリンピックとその先を見据えたグリーン購入の役割」グリーン購入ネットワーク   深津学治 事務局次長

1415-1510< ワンスライド・ショートプレゼンテーション 企業からの提案、市民からの提案
「こんな製品、こんな取り組みを東京オリンピックに」      (公募)

1520-1645   第三部

1520-1535「『夢』のエコリンピックへGo」 日本環境設計 岩元美智彦 取締役社長

1535-1550「ビッグイベントのLCA」
東京都市大 伊坪徳宏教授

1550-1605「グローバルエシックスと東京オリンピック・パラリンピック」日本エシカル推進協議会 中原秀樹教授

1605-1620「2012年ロンドン大会における環境配慮への取組」 インテージリサーチ 前浜三四郎 主任研究員

ごあいさつ
1630-1635     環境省総合環境政策局総務課 堀田継匡調査官
1635-1640     東京都環境局資源循環推進専門課 古澤康夫課長
1640-1645     三菱総総合研究所 小宮山宏理事長    (ビデオ挨拶)

閉会の挨拶

 

H27渡辺記念会調査研究

新技術振興渡辺記念会 平成27 年度上期 科学技術調査研究助成 調査研究

テーマ名:「1000 年後の社会に求められる機能と材料~機能を発現する物質の科学的理解~」
研究期間:平成27 年4 月~ 責任者:醍醐市朗(東京大学)

東京タワー・キッズ環境科学博士2015

開催日:2015年10月10~12日

  • 場所:東京タワー
  • ○子供向け自然&環境科学教室:奈良松範(諏訪東京理科大学)、松本真哉(横浜国立大学)
  • ○ポスター展示:原田幸明、篠原嘉一、有沢俊一、垣澤英樹(以上、国立研究開発法人物質・材料研究機構)
<奈良講座>概要

「自然との共生、未来エネルギー発見の場」というテーマから考えると、自然と上手に付き合うこと、自然を破壊するのではなく、あるがままの自然を利用することが大切であることがわかります。そして、このような自然とのソフトな付き合い方に中から未来のエネルギーも見つかってくるのでしょう。このプログラムでは実際に、自然をそのまま利用して新しいエネルギーを作る方法として、廃水やゴミを原料として、光合成微生物と太陽光線から水素エネルギーを作る実験を一緒に行います。このようにして作られた水素ガスは、そのまま燃料電池に導かれた発電することができます。人々が捨てた廃棄物を自然の力に任せて、発電する方法です。ただし、光合成微生物を利用した反応は時間がかかるので、代わりに酵母という微生物を使ってガスを生産する実験を行います。どこにでもいる微生物のすばらしさを感じてください。

<松本講座>概要

「地球温暖化や二酸化炭素の増加などが世界中で問題になっているようです。皆さんは、このような問題のために、学校や家で、電気や水を大切に使う、ゴミを分別する、など、いろいろな「環境にやさしい」行動に取り組んでいると思います。でも、それだけで良いのでしょうか?また、自分の行動と環境問題のつながりについて不思議に思った人はいないでしょうか? 本講座では、皆さんが持っているいろいろな「モノ」の過去や未来の姿(ライフサイクル)を考えることから、「モノ」や「エネルギー」を大量に使っている私たちの毎日の生活と環境問題の結びつきについて一緒に学びましょう。

< 1 2 3 4 >