第30回日本MRS(The Materials Research Society of Japan)年次大会のお知らせ

岡部理事からの情報です。

日本MRS年次大会のお知らせです。

今年はオンライン開催にての大会となります。

以下ご参考になさってください。

(第30回日本MRS年次大会の総合テーマ)

昨今、AIなどの情報処理技術を駆使することで、新物質の探索が可能になっています。実験に基づいた従来の材料開発研究とは異次元の、サイバー空間と実空間が融合したマテリアルズイノベーションが、今、まさに起きつつあります。この新たな潮流の中で期待される価値は、国民生活を脅かす少子高齢化・国際化・環境変化などに逸早くかつ適切に対応し、人類全体の究極的な目標である“持続可能な社会”を実現する基盤創出ではないでしょうか?  本会議では、マテリアルの新価値観を創造する礎が、新材料探索・新機能開拓・新プロセス創製を可能とする分野横断的研究にあるととらえ、異分野融合をテーマにした討論を行います。マテリアルズイノベーションが、我が国の産業のイノベーションにつながり、それがさらに質の高い持続可能な社会を実現させる流れの議論を期待しています。本年度は、オンライン開催になります。

 

  (特別講演 )

  講演タイトル:「バイオプラスチック分野の技術戦略策定に向けて」
水無 渉 (国立研究開発法人 
新エネルギー・産業技術総合開発機構 

  技術戦略研究センタ ー バイオエコノミーユニットユニット長)
講演時間: 2020年12月9日(水)16:00-16:40

 

  講演タイトル:「データ駆動材料開発の潮流 -NIMSの取り組みを中心に-」
出村 雅彦 (国立研究開発法人 物質・材料研究機構

  統合型材料開発・情報基盤部門 部門長)

  講演時間: 2020年12月10日(木)16:00-16:40

 

 

主催: 日本MRS(The Materials Research Society of Japan), 

URLhttp://www.mrs-j.org/

日程: 2020年12月9日(水)~11日(金)

開催方法:オンライン開催 (事務局機能のみパシフィコ横浜)

参加登録は、下記のMy Pageのログインで、お願いします。

(参加登録用:My Pageのログイン)

https://www.mrs-j.org/meeting2020/jp/submission/login.php

一般会員 10000円、一般非会員19000円、学生会員4000円

学生非会員9000円 高専学生 4000円

 

(問い合わせ先)

〒231-0023 横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービルB123

FAX:045-263-8539

E-mail:  meetings2020@mrs-j.org

日本MRS事務局 担当 瀬尾朗子

 

«    »